読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車!

GWの“天の牡牛”事件から3ヵ月―。“生命の大樹”計画が動き出す中、遂に主権戦争の招待状が焔たちに届く。精霊列車には箱庭中の実力者が集結し、西郷焔はそこで“ノーネーム”の春日部耀、そして更に意外な人物たちと出会い!?同じ頃、外界で別行動中だった十六夜とプリトゥは、“廃滅者”を名乗る強敵と遭遇。いよいよ王群“アヴァターラ”が外界でも動き出す―!箱庭と外界に激震が走る、急転直下の第3巻!!

感想
考えるな。感じろ。
さて、毎度の事話を理解できていない。筋道は少しわかるが意味は理解できないというところだろうか。
特に問題児シリーズからラストエンブリオとタイトルが変わり、メインキャラが変わり?(増えた?)せいか、十六夜の出番が少なく、かつ戦う敵の次元も変わった為、爽快感ってのは圧倒的になくなったと思う。
問題児シリーズでは、初めの問題児っぷりの圧倒的な強さ、めちゃくちゃっぷり、型にハマらない常識外な行動に魅了され、さらには巻を積み重ねていくたび、戦う敵の強さも変わり爽快感から手に汗握る拮抗したバトルに。
しかし、同時に巻を積み重ねていくうちにギフトゲームのルール、その突破口なども難しくなりあまり理解出来なかったが、その熱を持った戦いに魅せられた。
考えてはいけない。感じるんだ。戦う理由を。男の譲れない矜持を。仲間を守る為という強い意志を。
さて、ラストエンブリオ……。
まだか…盛り上がるのはいつなんだ…。
それともラストエンブリオはこういう雰囲気でいくのだろうか。
確かに耀とかが、出てくるとちょっとテンション上がるが、もっと熱いバトル展開を期待してる読者です。
あくまで一読者としてですが。


広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村