tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

灰と幻想のグリムガル アニメ10話 感想

f:id:tkm29:20160319010824j:image
レンジカッコいいな!全然アニメで登場してないけど。

久しぶりです。月見ですよ。今日は他にも更新する予定だけど、最近全然ラノベの感想書いてないな……
零細だと、少しの期間が空くと記憶から消えてしまう脆さ。

アニメ10話!
そういえば全何話なんだ?
12話かな?
今回はゴブリンからコボルトへターゲットの変化。原作では、あまりにもゴブリンを倒し過ぎ、ゴブリン慣れのせいでコボルトに最初苦戦してしまったがカットされたようだ。
そんな細かい作り込み?が結構好きなんだがな。
そういうところで、バトルの面だけではなく、パーティ内での人間関係、主にランタとの綻び。
初めはこういうところを見て、ランタがすごくウザかったんだよな。慣れたってわけじゃないんだけど、だんだんと見方が変わった。
アニメでもしっかりあって嬉しいハルヒロの心情の描写?というか考え、思いの描写があることで自分としてはハルヒロに感情移入をして、ハルヒロと同じようにランタへの嫌悪感が高まる。
ただ、この時のランタの心情はどんなんだろうなと。
例えば、あの会話のシーンハルヒロにはああ言っていて、中身はハルヒロの自分勝手さにイラついているか、それとも、自分はこういうことが言いたいわけじゃないのに素直に慣れないとか、やっぱり色々とあるかもしれないし。
このグリムガルの作品では今、ハルヒロ視点での見解であって、それが本人の全てじゃないし、ハルヒロが見間違えているだけかもしれない、ハルヒロもそれが分かっていて、リーダーという立場になったからこそ、パーティを上手くまとめたい。ただ、マナトのように上手くみんなと接することは出来ないし、実力で引っ張っていくこともできない。
自分はそんなハルヒロが、そんなグリムガルが好きなんですよね。ええ。

さて、ランタだけではなくメリィの話も。
メリィ可愛いよ、メリィ………じゃなくてだな、アニメではちょっとか弱さが引き立ってる気がする。
これだと、メリィは誰かに救われたらコロッとオチそう。
もし、それでメリィがハルヒロにオチたら(何故ハルヒロ限定なのかは気にしてはいけないんや)、自分はグリムガルという作品を好きじゃな…….いや多分普通に好きだっただろうがここまでハマることはなかっただろう。

さぁ、次週、メリィはハルヒロに救われるのか⁉︎ハルヒロはメリィを救うのか⁉︎楽しみ!
ちょっと願望が混ざりすぎている気がするが、メリィが一歩踏み出すきっかけは何になるのか次週が楽しみです。

デッドスポットデカイ………
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村