tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた


きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった―
感想
初めは全然だったが、終わり方は綺麗で落ち着いていて良かった。
スロースタート過ぎるんだよな。何かこれといって魅力的な始まり方でもなく、先が気になるという訳ではなくて。

幸せとはと考える少女。
手首に傷のある高校生が。ドアにアバズレと書かれた大人の女性が。一人暮らしのおばあちゃんが。
分からないことは人生の先人が。
未来の後悔は今の自分が。
悩んで、悩んで、ひたすら考え、色々なアドバイスを聞き自分なりの答えを。

表現の仕方が好きだな。
最後は直接的な説明がなくて良かった。
また、同じ夢を見ていた。今まで起きていた現象がどのようなことなのか、あれだけ書いてくれて分からない読者はいない。誰でも分かるようにちゃんと書いていて、直接的な説明はしない。
それがよかった。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村