読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

僕だけがいない街(6)

八代の車に同乗した悟が見たもの…それはあの「眼」だった?車内で交わされる八代との会話。信じたい?信じられない?不安な気持ちに心がざわつく…。果たして、悟の運命は!?物語が大きく転換する第6巻!!
感想
マジですか……先生………残念だ。
良い先生だと思ってたのに……。
それにしても再上映はホント気ままだな。
あの事件で植物状態になった悟。
15年もの眠りから覚めたら、色々と変化していて…。雛月とケンヤか……。ちょっと読んでて心寂しくなる感じもするが、15年もの間寝ていて、それで小学生の友達が来てくれるってのは凄いことだよな。それほど悟がした出来事がみんなを助け、みんなのヒーローとして心に刻まれていたことが分かる。
それにしても、この作品は毎巻毎巻お母さんの決意、子供への思い遣り、優しさで、何回涙ぐめば良いんだ。

展開が大変気になる!!!
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村