読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

ワールドトリガー 14

迅を玉狛第2に勧誘する修!! 大胆な行動の裏には秘めたる想いがあった!! 一方、ボーダー本部では、上級部隊隊長による緊急防衛対策会議を招集!! 大規模侵攻の爪痕が残る中、近界から迫る新たな脅威とは!?
今日の更新漫画ばかりで申し訳ない。
ラノベの方も夜更新する予定。ちゃんと読んでいってますから。

感想
さて、前巻でB級ランク戦で敗北。
様々人達からの教え、訓練を受けていた修だが、東さんの壁抜き射撃であえなくベイルアウト。流石にこれは予想出来なくて、バトルの厳しさ、成長の、進歩の難しさを感じさせられる。訓練したからって強くなるとは限らない。そんな中修はチームの為に何が出来るか。自分が強くなることで、チームに……と考えてた修だが、リーダーがチームの為に出来ることはそれだけじゃないと気付かされ仁さんを勧誘に。
というところで今巻。
結局のところ断われてしまったものの仁さんが言うには俺よりもっと適任がいると。
ヒュースかな?と思い、そこに陽太郎までヒュースのことだろ?と教えてくれたが、仁さんが考えて探してみろって割りにあっさり判明したな。
しかし、ヒュースということもあり判明してからもまだまだ難しい事ばっかで、第一本人が協力する気がない。それをリーダーとして修がどう説得するのかこれからが見もの。まぁヒュースじゃないのかもしれないが。

千佳の方も戦いの面での大きな欠点。人を撃てないということ。その欠点の改善の為に別のスナイパーの人からのアドバイスが。
ライバルでもあるが仲間であるわけで、お互い切磋琢磨という感じで良いっすね。
修の方も木虎にアドバイスを受け、また新しいことにチャレンジ。

千佳の新しいトリガー、修の新しいトリガーそれらが次のB級ランク戦でどうハマるか楽しみ。

そしてB級ランク戦の裏でもう一つの物語が。
アフトクラトルと従属関係にあるという国が侵攻してくる。その理由が遠征艇の破壊。
それにどう対応するのか。

次巻が楽しみ
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村