tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

君が死ぬ夏に(1)

君が死ぬ夏に(1) (講談社コミックス)

君が死ぬ夏に(1) (講談社コミックス)


夏、幽霊、キミへの想い。山野は恋する高校2年生。ある日突然、彼の前に想いを寄せる同級生の谷川さんが現れた。それも、幽霊になって。どうやら彼女はある事件に巻き込まれ、その末に死んでしまったらしい。谷川さんを死から救うため、山野は未来を変えようと奔走するが──…。淡く儚い青春ミステリー。
感想
好きな人が突如幽霊として現れる。しかしその彼女は現在は死んでなくて、未来からタイムスリップしてきた幽霊。
その幽霊とともに現在、その好きな人が死なないよう謎を解いていく青春ミステリー。

未来からタイムスリップし、記憶を失った好きな人の幽霊。現在のその人の実態。同じ人が二人いて、幽霊の方と打ち解けていき、現在でも仲を深めていくという感じかな。
青春と部分では軽い感じの初々しさあって良いし、絵も良いんだけど、肝心のミステリーの部分に個人的にはあまり魅力を感じないかなっといったとのろ。

青春オンリーで読みたいな。あくまで個人的感想だが。

表紙良いよな。タイトルも良いんだが、そのタイトルの魅力に内容が負けてる気がしないでもない。
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村