tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

ようこそ実力至上主義の教室へ (3)

 ようやくテストが終わりました。これからはどんどん読んで更新していきます。 

 

 

 

季節は夏。期末テストを乗り越え夏休みを迎えた清隆たちに高度育成高等学校が用意していたのは、豪華客船による2週間のクルージングの旅だった。喜ぶ面々だったが、完全実力主義の学校が単なる旅行を計画するわけもなく、船は無人島に到着。そこで本年度最初の特別試験―無人島でのサバイバルが通達される。生活物資は試験用に与えられたポイントで購入可能。だが試験終了まで保持したポイントは2学期からの学校生活にプラスされるという。上位クラスとの差を埋めるため、最底辺のDクラスはポイントの不使用を画策、サバイバルな生活に乗り出そうとするが、特別試験は甘いものではなく―!?大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第3弾!?

 

感想

ようやく物語が動き出したというところ。うん。やっと、主人公が仕事をしてくれた。長かった…長かったよ。
終盤良かったのは良かったんだが、3巻のラストにやっと……と思うと物足りなく感じる。
しかし、1.2巻に比べると格段と面白くなった。
 
 
※以下ネタバレあり
 
 
 
 
 
  • アニメや漫画じゃないんすから!
そりゃ、そうですよ。だってラノベですもん。いや、はい。冗談です。
今巻では無人島でのサバイバル。サバイバルとは言っても学校の行事みたいなもので、命懸けのサバイバルというわけではない。というか、その前にサイコロの出た目で給料を決める会社って……まじですか?
なんですか?タレントかなんかですかね?ルーレット回して給料決めるんですか?どこの人生ゲームだよ。
 
まぁ流石に嘘ですよね…
と、調べてみたら実際にあるんですね。
サイコロ給ってw
サイコロの出た目によって何パーセントかがプラスαされるらしいので、減ることはないのか。
 
 
  • これが一巻かな……
1.2巻と次巻への期待度だけは毎回高かったようこそ実力至上主義の教室へ
3巻になってようやく主人公の実力が発揮されたが、発揮するまで長すぎだよ……。3巻に来てやっと、主人公の実力が垣間見えて、ヒロインとお互いのためにではないが、自身の為にAクラスを目指そうとする。ん?これ1巻に……。スロースタート過ぎる気が個人的にしないでもない。
 

  • キャラ設定を忘れてしまう
これは2巻を読んだ時も思ってたんですがキャラ設定をちょいちょい忘れてしまう。
一応たまに、少し軽く説明はあるんだが、キャラ設定が全然発揮されていないように感じる。2巻なんて主人公……。ただの地味キャラすぎた。
それよりも櫛田ちゃん……。そういえばあなた裏表あるキャラでしたやん。
いや、一巻以外それらしい所が全然見えないから忘れてたぞ。
 
これは特に関係はないが表紙はどうしてあの2人なんだ?
 
 
  • 主人公が主人公らしくなってきた!
何度も言うがやっとですよ。全テスト50点。事なかれ主義の主人公がその頭脳を発揮してきた。やっと、行動し始めた理由がちょっとパッとしないがこの際置いとこう。
 
誰にも気に止められないような性格。
優しさを垣間見せていた主人公。
しかし、誰がどうなろうとその実どうでも良いと思っている無機質な主人公。
その主人公が行動した事によってABCクラスだけではなくDクラスまでも全て彼の道具のように、手のひらで踊らされる。
その実力を公言することはなく、これからも彼が裏で全てを操っていくのか楽しみなところ。
 
 

 前巻

tkm29.hatenablog.com

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村