読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

感想

面白かった。ところどころ、ん?となる箇所もあったが全体的に見て大変良かった。

普通ならマナという力があるにもかかわらず、マナが一切存在しない落ちこぼれの良いところのお嬢様。

まだ13歳という若さだが、自分が認めてもらうために精一杯努力はしているものの実らない。

そんな少女に家庭教師がつく。暗殺者で実力者あり秘密が隠されている少年クーファ。

少女の成長という面でも良いが、後半のバトルの盛り上がりが非常に面白い。これからも楽しみ。



以下、ネタバレ有り



《アサシンズプライド》


  • 設定
マナという能力を持つ貴族が人類を守る責務を負う世界。

マナの能力者には位階が存在する。

侍や魔術師など。その上に上級位階というものがある。聖騎士、竜騎士など。

主な敵はランカンスロープという暗闇の中に潜んでいる化け物。マナではなくアニマという能力を持っている。

こちらも、最高位である吸血鬼を始め、人狼トレントなどがある。

ヒロインメリダは聖騎士の位階である貴族の家に生まれながらマナが一切感じられない。

そこにクーファという家庭教師つく。メリダの聖騎士としてのマナを目覚めさせるため。もし目覚める予兆すらない場合はメリダを殺す暗殺者として。


  • 17歳の主人公13歳のヒロイン
年齢差はあるが、歳の差恋愛って素敵ですよね。ということです。さらに先生と生徒という禁断の愛……。

歳の差恋愛って素敵ですねと言うことは分かるが17と13……。うーん。20と16でも良かった気は読んでてした。主人公であるクーファの性格は大変な大人びてるし、ヒロインであるメリダも決して未だマナの存在していない自分を諦めることはせず、日々ひたすら努力している心の強い子でとても13歳とは思えない。

今の所17歳だから…13歳だから…というようなことはなく、読んでて特に年齢のせいで……と思うことはないし、不満はない。


  • ちょろ過ぎる
チョロイン?いやいや良いじゃないですが。コロッと主人公を好きになるなんて読者としては気が楽で良い。

好意がどこに向いているのか、それとも一切ないのか分からないヒロインは時として読んでて辛くなりますから。

今作品ではヒロインのちょろさではなく主人公。

場合によってはメリダを暗殺する立場として家庭教師になったのに心が変わる動機付けが思った以上に結構あっさりしていたように感じた。


  • 位階をバレないようにする
メリダが発現したマナは聖騎士ではなく侍。そのことは何としてもメリダの親にバレる訳にはいかない。

うーんと。戦う時に使う武器でバレないのかな?と思った。なんかバレない理由の説明あったっけか?

後これは個人的我儘だが、マナはなくとも聖騎士になる為剣を振ってきたメリダ。それがクーファの手によってマナが発現し、今までの努力が報われる…とはならないのか。無駄な努力ではないだろうが、聖騎士の使う剣と侍が使う刀じゃだいぶ仕組みが変わってくるだろうし。

それにしても、なかなか厳しい内容だった。侍としてのマナは発現したものの、やはり聖騎士としてはからっきしで、メリダの親は……本当に。そこの面に関しては救済は全然ないが、これから1から成長していくメリダが楽しみだ。


  • ミステリアスな主人公

主人公ホントかっこいい。家庭教師であるクーファ。一部、裏の者を除きメリダも知らないクーファの裏の顔。暗殺者。

実力は未知数でステータスだけでも相当な強さが分かるが、まだまだそれだけではない。

メリダの事となるとキャラがおかしくなるが、メリダの家庭教師として恥じないようなさりげないカッコよさ。女性を落とすスマイル。

イケメンで実力者でありながらも全てをさらけ出そうとはしない。しかも暗殺者という裏の顔があるかと思うと読んでてワクワクする。

しかも将来、一波乱がまちうけるであろう隠された秘密。楽しみ。

  • 盛り上がりのあるバトル

クーファやメリダをはじめとし、先生や生徒のかけ離れた実力。ステータス面でも戦略面でも。

今はまだまだ開花されていないメリダの実力にもこれから楽しみなのだが、クーファやロゼッティの先生たちのバトルが最高過ぎて。ステータスが恐ろしく高い。さらに、カオス・カデナという100%は超えることは出来ないが、ステータスを変化させることができ、バトルの幅の広さを感じる。

特に良かったのが最後の盛り上がり。生徒の窮地に駆けつける先生。

黒幕を追いかけ、人間であるとステータスがカンストしている敵との戦い。

実力者ながらもその敵とは苦戦。もうダメかと思われた時に主人公の秘密が明らかになる。

全然予想してなかったし、あそこからの巻き返しは最高の一言。

ホントかっこ良かった。


  • これから
次巻でどのような展開になるかは一切分からないが、メリダの成長やエリーゼとの関係。特にクーファの戦いが楽しみ。

次巻も読みたい。



と、こんな感じで真新しさはないが書いてみたがどうだろ。

アサシンズプライドは感想書きやすかったけど、感想書きにくい場合にもこんな風に書けるかは心配。


広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村