tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

冴えない彼女の育てかた 5

「後はあたしたちに任せてラノベ新作の方に全力投球してくださいな さよなら霞ヶ丘詩羽…永遠にね」「その言い方、厄介払い感満々ね澤村さん」…ということで、ついに詩羽先輩渾身のシナリオが完成!そのお祝いとして、先輩とショッピングに出かけた俺(と後をつける二人)だったが、そこで彼女からとんでもない選択を突きつけられることになり―。しかも、元・親友にして現・宿敵の伊織から、思わぬカタチでの宣戦布告が飛び込んでくる!慌てる俺たちの前に姿を見せたのは、伊織と、そして…!?

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

今まででも充分面白かったが、個人的な好みの感じになってきて良い。ストーリーの重さというか、人間関係の切なさが垣間見える。
今巻では霞ケ丘先輩メインで、ゲームのシナリオについての話。ギャルゲーをやったことはないけど、なんとなくそうなんだろうなと思った。似ているようで全然異なるもの。ライトノベル作家とギャルゲーのシナリオライター
霞詩子の作風故あってそのままでは気付かなかったもの。決定的な違い。
その違いは分かりやすいが、創作というものの大変さをしみじみと感じた巻だった。
ミッチーの登場率……w
しかし相変わらず加藤恵が良い働きをする。これからが楽しみだ。

サークルメンバーの関係が少しずつ動き出しそう。それは楽しみだが、少し心苦しい。

相変わらず伊織はウザい。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村