読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

サクラ×サク04 滅愛セレナーデ

A評価 ダッシュエックス文庫 ライトノベル

サクラ×サク04 (ダッシュエックス文庫)

サクラ×サク04 (ダッシュエックス文庫)


最後に水浴びをしたのは、いつだったか。五日前?もっとか。十日前…?ハイジ・バランは、まだ、生きています。大王都カバラからなんとか脱出したものの、帝国の軍勢は既にデスティニア公国へも進軍していた。大軍で押し寄せる帝国軍にサクラたちは少数精鋭で立ち向かう…!血が滾って色々躍る大戦詩幻想交響曲、運命が軋む4巻!!

感想〜〜〜〜〜〜

あぁ良かった!とうとうこの時が来たかと。いや、もう口絵が……。口絵だけでも最高な巻だと分かる。
その立役者ハイジ。えっと、登場遅かったな。最初はアリス側での描写。アリスと不人。似てるなぁ。あの似た様な関係が敵側にも。
対決する時は必見だな。
まぁ、今巻は最後。口絵のシーンまだ?とか思ってたら最後の最後だったか。
最後のシーンだけを何度も読みたくなる。
ハイジ・バランの想い炸裂。
しかもあの場面って…最高かよ。

〜ネタバレ感想〜〜〜〜

デュランの思惑……。さてどうなるのか。ドリアンの魔性の力もほぼ分かったし、これからジークはどうなるんだ。

最後ホント良かった。
ハイジの決意、サクラへの想いが炸裂した時、それは常識を超えた!
これは次巻、サクラの照れが…くるか⁉︎
楽しみ

二度と私を姫なんて呼ばないでーー


前巻
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村