読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女

B評価 ライトノベル ダッシュエックス文庫



ハイジ・バランは友だちが欲しかった。残念無念、願いは叶わず学校を卒業して祖国デスティニア公国の軍人に。しかも赴任先は強大な“帝国”の侵攻を食い止める公国の盾、国境近く最前線のイエルヴァラ城市で、駐留する第八公軍の司令は虚弱体質で今にも死にそうだし、いきなり太守に侍官として仕えることになってしまうし、その太守は美貌の公女なのに部屋は汚いわ、ちゃんと服を着てくれないわ、公女の侍女はどういうわけか少女とむっちり娘だわ…果たしてこんな有様で公国の平和は守られるのか。ハイジと公国の運命や如何に。血と汗と涙が溢れて躍る大戦詩幻想交響曲、ここに開幕!!この限り無く愛なき世界に咲く花は―サクラ×サク。

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

二巻までは読んでたが、この度最新巻まで買ってきたので一巻から再読。
同じ作者でも作品変わるとやっぱり変わるな……うん。
コミュ障ぼっちの主人公ハイジは学校を卒業し、最強無敵の皇女の侍官に。
そこから始まる物語。
ハイジがこれが主人公だと言わんばかりと男らしさを発揮してくれた。
それが犠牲が一番少ないのかもしれない。
それでも一人の少女が自分を省みず、それが自分の生き様だと言わんばかりに戦ってるのを見て見ぬ振りなんて出来ず、少女に比べたら力不足なのを承知で、それでも助けたい。救いたい。手助けしたい。
コミュ障ぼっちを除いたら実に主人公らしかった。

個人的に感情移入があまりできなかったが。これからが楽しみ。



〜ネタバレ感想〜〜〜〜〜〜

サクラの魔性、常時発動、自動型、反射系。絶対反射。自分が戦う事で、他の兵達の犠牲を防ぐサクラ。それが自分の使命だと言わんばかりに。
その魔性は絶対反射だが、ダメージはサクラ本人に伝わるということだけど、ここがこれからどうするんだろ。耐えれる痛みがどれくらいか分からないからな。
まぁこんなことを言うのは無粋か。
ハイジはサクラの魔性の反動のことを知らずともいつかはサクラを助けにいくな。サクラがもし、痛みを受けてないとしても、それでも助けに行くそういう主人公に感じた。

うーん。触れることも出来ないのか。痛みが伝わるってことは触れてから反射するのかと思ってたが、これからハイジはどうサクラを救っていくのか楽しみだ。

次巻

関連作品
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村