読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

俺と魔物の異世界レストラン

魔王の治める街にある、魔物のためのレストラン「フォリオーズ」。この店で唯一の人間スタッフとして働くアーウィンには、いつか自分の店を持つ夢があった。だが、同僚はそそっかしい吸血鬼の看板娘リーラに、気温差で性格が一変するリザードマンの料理長ゲイル、ミミックのレジ係にスライムの食器洗い係…と人間の常識を軽々と破壊していく面々ばかり。さらには、堅物の非常識ダークエルフ・マチルダが帯刀でウェイトレスとなったり、冷蔵係の魔物アイスボールはフレイムボールとの痴話喧嘩でバックれるやら、魔界ならではのトラブルの嵐がアーウィンを襲う。それでもきっと行きたくなる(?)異世界のレストラン、明るく楽しくブラックに営業開始!

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

ブコメ
特にこれと言った違和感もないし、話のテンポも良くて読みやすかったな。
魔物と人間がほぼ共存していて、魔界の一つのレストランで接客業をする人間の物語。
前半はラブコメコメ。
未だ、あまりこういうのは個人的好みではないな。
後半は典型的だけど、無理難題を押し付けられそれをどうにか乗り越えようとするってのは良かったな。
主人公の地道の努力が功を奏したってことで。



〜ネタバレ感想〜〜〜〜

魔物は体内に元から魔力があって、人間は空気中の魔力を取り込んで。
魔王様が人間側に和平を取り付けて、人間側の知識とかを取り入れようとするってのは良いんだけども、魔物たちの体内にある魔力を封じるってのはいざって時やばくないですかね?
そこは信頼感か……,。
せっかくの魔物のくるレストランという事で食べ方?の描写がもっと欲しかった。最後の分裂するスライムとか気になるな。

没落貴族だけど、元貴族っていう身分と、その実力でヤクザ側が怖気付くラストを期待してたけど、主人公の地道な努力で周りのお客さんが気を使って助けにまわるってのも良かった。

氷龍王のサイズどのくらいなんだ?w
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村