tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

2016年冬アニメ オススメライトノベル原作

2016年冬アニメ。今日から約一週間後くらいからどんどん放送されるアニメのライトノベル原作のオススメという記事です。

アニメのでき?とかはよく分からないので、アニメ放送するライトノベルの原作をオススメしていきます。少ないですが。
2016年冬アニメのライトノベル原作としては最新刊まではいってないですが、3、4巻までは読んでるのを合わせると四作品読んでますがこの内の二作品を是非オススメしたい。

 

 

 

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

この素晴らしい世界に祝福を! あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

 

 

 

 

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」「じゃあ、あんたで」ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?
こういうのはなんて言ったら良いんだろ?異世界召喚?異世界転生?
内容としてはあらすじのように、主人公が死んで、死んだ時の年齢のまま異世界に女神と一緒に行くという感じ。
俺tueeeではなく、ただひたすらとコメディ。主人公の死んだ理由でさえ笑ってしまうくらいに。
主人公は真の男女平等主義者のクズ。
そしてその仲間となるのは、残念女神アクア、爆裂ロリっ子めぐみん、ドM騎士ダクネス。どのキャラも個性が強く、ぶっ飛び加減が面白い。
個人的にはアニメではめぐみんが人気になりそうな気がする。
最初キャラデザを見たときはちょっと首を傾げたが、笑いたいならこの作品でしょ。
※あくまで個人的感想です。
 
 
次に
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

 

 

 

 

おれたち、なんでこんなことやってるんだ…?ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。周囲には同じように名前くらいしか覚えていない男女、そして地下から出た先に待ち受けていた「まるでゲームのような」世界。生きるため、ハルヒロは同じ境遇の仲間たちとパーティを組み、スキルを習い、義勇兵見習いとしてこの世界「グリムガル」への一歩を踏み出していく。その先に、何が待つのかも知らないまま…これは、灰の中から生まれる冒険譚。

 
まさにこの作品をオススメしたいから、この記事を書いたと言っても過言じゃない。
訳も分からないうちにそこにいて、それまでの記憶は一切無い主人公たち。そこはまるでゲームのような世界でパーティーを組んで冒険するんだが、一般的に見てそこまで強くないゴブリンにすらパーティーを組んでも苦戦してしまう始末。
怪我や死に対してとてもシビアな作品で読んでてハラハラドキドキするし、時には絶望したり、時には鳥肌が立つようシーンもありとても多彩で魅力的なバトル。
ハルヒロがやる気ない系主人公とは一味違ってネガティヴ系?でこれがまた面白い。
読んでいくうちにこの世界観にどんどん魅了されていく。
さらに、これがまたハーレムにならないんですよ……。
恋愛の方まで気になるバトルものなんて初めてだった。身悶える。
男性陣カッコ良く、女性陣可愛く最高。
ハルヒロの思考?みたいなのが好きでそこがアニメでどうなるのか楽しみ。
 
 
 
アニメだけではなく余裕があればライトノベルの方も読んでほしい。
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村