読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

灰と幻想のグリムガル level.5 笑わないで聞いておくれよ

A評価 オーバーラップ文庫 ライトノベル
ワンダーホールに来てから数ヶ月。ハルヒロたちは少しずつ、だが着実に実力をつけて迷宮を攻略していた。そんな時、探索中に見たことのない「穴」を見つける。前回…たしか三日前にこの場所を通りかかったときはなかった穴。それは未発見の新エリアかも知れず、一番乗りしたパーティには大きな利益がもたらされる。踏み込むかどうか迷うハルヒロだったが、変わり者が多いが実力はあると評判のチームトキムネが現れ、合同での探索を提案される。灰の中から生まれた冒険譚は、新たな出会いと共に続いていく。

〜感想〜〜〜〜〜〜〜

いや、ハルヒロにあからさまな好意をとか言ったけども……。そうきたか。
個人的にはクザクとメリィの関係が気になって仕方がないんだよな。クザクが喋った後にいつもメリィが被せてくる気がしなくもない。ハルヒロぉ……。
今巻ではキッカワのいるチームトキムネと未知の場所を探索。
全員が個性派過ぎる。キャラのインパクトがな。
どこがどうインパクトあって面白かったとかはないんだけど、最高に面白い。一部の局面で最高潮に盛り上がるって訳じゃなくて、全てのところでこの作品に惹き込まれ魅了される。
ハルヒロがリーダーとしてだんだん認められていく?いや、前からそうだったんだろうがそれを口に出す人がいることで、ハルヒロ自信が周りから認められていくって分かるのは読んでて最高だな。
あぁ、改めてこの作品好きだなと実感させられる。




〜ネタバレ感想〜〜〜〜

聞きました?というか見ました?
棒読みですって、棒読み。
もう、それだけで報われたというか気持ちがたかぶる。
うーん、どうも自分としてはハルヒロとメリィってのを願っているんだなぁ。
これだけ、バトルや世界観で惹き付けられてるってのに、そっちまで惹き付けられるとか恐ろしい。
段々とハルヒロの洞察力?観察力?みたいなのがね。キテる。これでさらにハルヒロの魅力が倍増しちゃったりしたら悶えそう。
別の世界、黄昏世界。ここでさらに謎が登場してまたより一層気になる。黄昏世界では癒しとかが使えないらしいからこれからどう攻略していくのだろう。

頼むから、メリィとクザクの夜の密会はさ、メリィがハルヒロの事についてクザクに相談してるとかそういうことにしよう。ね。
さっきからずっとこれしか言ってない気がする。
最後ハルヒロがキッパリと言ったことで、今後に注目!

前巻

灰と幻想のグリムガル level.4 導き導かれし者たち - tkm's blog

次巻

灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって - tkm's blog



関連作品

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村