tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

灰と幻想のグリムガル level.3 思い通りに行かないのが世の中だと割り切るしかなくても


思わぬ活躍で有名になったハルヒロと仲間たち。自信を付けた仲間たちと、悩み続けるハルヒロのもとに後輩となる義勇兵達が現れる。そこにはハルヒロの記憶に残る名前を持った少女もいた。そんななか、オルタナの街はオークたちの居座るデッドヘッド監視砦の奪還に向けて動き出していた。報奨金目当てに作戦参加を決めたハルヒロたちは、レンジやチョコたちと共に初の大規模戦闘を戦うことになる。灰の中から生まれた冒険譚は、いま大きな節目を迎える!

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

面白いなぁ、もう。
ハルヒロがめっちゃカッコ良いんだよな。やる気がないけど、やる時はやる、無気力系主人公とはまた一味違う。
パーティーのリーダーというポジションの事についてめっちゃよく考えてるんだよな。考えてるというか思い詰めてるという表現の方が正しいかもしれないけど。
戦いの時には常に最悪な場合のイメージ。戦況に応じて、正しいか分からないがしっかりと判断して、指揮をとる。
それがまた、デキル人とは違ってひょいとやってのける訳じゃなくて、考えて考えてハルヒロなりの精一杯という感じが堪らなく良い。

そんなハルヒロにも負けず劣らず、周りの男性陣がまたカッコ良い。少しだけ、ランタを好きになりそう。
今巻はモグゾーですね。漢でした。
女性キャラも新しく登場し、これがもうね。うん。
個人的にはこういう系にはあまり恋愛は求めないんだが、これは先が楽しみというか、気になる。




〜ネタバレ感想〜〜〜〜

チョコの登場。いきなり登場してくるとは思いもよらなかった。とりあえず転生はなさそう。記憶喪失型の異世界召喚なのかゲームダイブなのか、はたまた他に何かがあるのか……。
こんな事は考えても仕方ないが。
何回も言うけどハルヒロがカッコ良いんだよな。最近はこういうキャラにグッとくる。
あの見える時と見えない時があるあの線。何が条件なのか、本当に運なのか分からないが、あの強力な線が見えればハルヒロは強くて、ハルヒロもあの線をどうにか常に見えるようにならないものかと試行錯誤してるんだけど、頼り切りになってないところが良い。線が見えなくてもやれるというところを見せてくれた!
チョコが登場したばかりなのにな……まさかな。まだ希望を持っても良いのだろうか……。チョコとの思い出を思い出したハルヒロ。あの中にハルヒロらしさが詰まってるようだった。あの関係がこのままで終わるのは心苦しい。

今巻でランタが好きになりそうってのはあの囮のとこなんだよな。ハルヒロの持ち上げ方が良かったのかもしれないが、囮っていう危険なポジションなのに信用して躊躇いなくそれを実行するってのはカッコ良かった。

今までもそうだったがレンジは短期の間にあれだけ成長したのに、ハルヒロ達に全然嫌味っ気がないんだよな。そしてそんな強いレンジに認められて?モグゾーが遂に真価を発揮した。途中僕から俺になるところ良いよな。
次巻モグゾーどうなるのやら……

前巻
次巻
関連作品

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村