読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

2015年まとめ

2015年の読書メーター
読んだ本の数:174冊
読んだページ数:55072ページ
ナイス数:730ナイス

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫)感想
普通に面白かった。たまにちょいちょい分からんネタがあるのは置いといて、加藤さんとか絶対いないであろうリアルでの理想キャラだよね。自分好みの方向に育てていけるみたいな。変な意味じゃなくて。1巻の時点では推しキャラは自然体の加藤さんかな1巻の表紙、なんでエリリだったんだろ
読了日:1月2日 著者:丸戸史明
Re:ゼロから始める異世界生活 短編集1 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活 短編集1 (MF文庫J)感想
書籍の3巻のあとらへんの話かな。本編に登場するキャラがまさかこの段階での初登場。本編でリリアナが登場するときはどうするのか気になるところ。ベアトリスの行動も後々のことに影響でないか心配。それとベアトリスが精霊っていうのは書籍の方では断言されてたのかな。レムも後々のことを考えるとちょっと変えた方がいいセリフもある気がしたけど、久しぶりに新鮮味のあるレム見れて満足ベアトリスって柔肌じゃなかったんだね……
読了日:1月5日 著者:長月達平
冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:1月10日 著者:丸戸史明
アブソリュート・デュオ 告白は蒼刻の夜に (MF文庫J)アブソリュート・デュオ 告白は蒼刻の夜に (MF文庫J)
読了日:1月11日 著者:柊★たくみ
アブソリュート・デュオII 嘘と真と赤い紅 (MF文庫J)アブソリュート・デュオII 嘘と真と赤い紅 (MF文庫J)感想
前半にラッキースケベ、後半バトルメインやったな。リーリスさんめっちゃ強かったけど、仲間になると一気に弱小化とかしない心配。
読了日:1月12日 著者:柊★たくみ
聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 (GA文庫)感想
今まで存在しなかった前世を2つ持っている主人公。主人公は二つの前世の記憶をおぼろげにしか覚えておらず、だんだん思い出して強くなっていくのかと思ったが何故かこの段階で相当強いっていう……パワーバランスがよく分からん。どちらも使えるんだけど、魔法の方がどうしても活躍してるイメージ。
読了日:1月13日 著者:あわむら赤光
青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない (電撃文庫)感想
今巻は2巻の最後に出た、牧之原翔子さんの話がメインになるのかと予想してたけど、やっぱりタイトル通りに理央がメインだった。理央がメインの話だったけどもやっぱ麻衣さん可愛いなぁって思えるような圧倒的な正妻としての貫禄は圧巻だわ。牧之原さんの件が保留みたいな感じだったけど、また今度ってことかな。3巻の終わり方が終わり方だったし、次巻も楽しみだな。
読了日:1月14日 著者:鴨志田一
聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 2 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 2 (GA文庫)感想
相変わらずの俺TUEEEだったな。こういう俺TUEEE好きなんだけど、諸葉強すぎて静乃とサツキの実力がどれほどなのかよく分からんな。静乃が自分の前世のことを諸葉に言わない理由がちゃんと分かったし、これから諸葉が前世の記憶を思い出したらどのくらい強くなるか楽しみだな
読了日:1月16日 著者:あわむら赤光
終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ1 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)感想
漫画の方は1巻出た時点で集めてだけど、ラノベの方は読んだことなくて、ラノベも読めるんなら読んだ方が良いという勧めで見てみた。漫画ではあまり多く語られなかった、真昼とグレンの過去の話。一瀬家の立ち位置や漫画でも出るグレンの仲間たちのことがよく分かったし、これは読んで損は無いと思う。ただ、こちらの方は過去の話ということで、漫画に至る経緯を話にしているだけであってあのような結果に終結することは変わりないんだろうな。次巻のグレンと真昼の関係性がどうなるのか楽しみ。
読了日:1月17日 著者:鏡貴也
異世界チート魔術師 1 (ヒーロー文庫)異世界チート魔術師 1 (ヒーロー文庫)
読了日:1月17日 著者:内田健
異世界チート魔術師 2 (ヒーロー文庫)異世界チート魔術師 2 (ヒーロー文庫)
読了日:1月17日 著者:内田健
黒き英雄の一撃無双(ワンターンキル! )1.受難の女騎士 (HJ文庫)黒き英雄の一撃無双(ワンターンキル! )1.受難の女騎士 (HJ文庫)
読了日:1月17日 著者:望公太
黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル>3. 堕ちゆく義妹 (HJ文庫)黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル>3. 堕ちゆく義妹 (HJ文庫)
読了日:1月17日 著者:望公太
黒き英雄の一撃無双 2.恥辱の魔女 (HJ文庫)黒き英雄の一撃無双 2.恥辱の魔女 (HJ文庫)
読了日:1月17日 著者:望公太
冴えない彼女の育てかた 3 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 3 (富士見ファンタジア文庫)感想
一巻も面白かったけど、徐々に徐々に面白くなってきてる。盛り上がり的には中盤が一番盛り上がった。個人的にはもう少し終盤で盛り上がるかなって思ったけど少し盛り上がりに欠けた感じがしたかな。
読了日:1月19日 著者:丸戸史明
アブソリュート・デュオIII 渚に揺れる恋物語り (MF文庫J)アブソリュート・デュオIII 渚に揺れる恋物語り (MF文庫J)感想
やっぱリーリスの性格はこんな感じでいくのか。みやびのところはご都合主義の雑音とか入らなくて何故か新鮮味があった。あと、安定の序盤のラッキースケベの多さ。後半のバトルとのギャップがw毎巻の終わりの最後の一行が相当好き。次巻はやっぱ闇堕展開にでもなるのかな
読了日:1月21日 著者:柊★たくみ
聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 3 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱〈ワールドブレイク〉 3 (GA文庫)感想
一巻で弩級を一人で倒したせいで、一巻の敵よりどんどん規格外のが出てくるな。今回は一人じゃなくてみんなで戦ってたけど。やっとサツキの方にもスポット当たってきて良かった。それにしてもいつのまにか石動さんに教える立場になってる。
読了日:1月23日 著者:あわむら赤光
この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)感想
こういう内容のを今まで読んだことなかったけど、すらすら読めたし内容もすごく良かった。自分の身近にはないことを取り上げられていてすごく興味も持てたし、舞台が近いこともあり共感も出来た。読む前のイメージとしては身体が男で中身が女の人が男に恋をするのかと思ってたけど、全然違った。良い意味で期待を裏切られた。でも、この一巻のラストはせこい。やるせない気持ちになる。内容が内容なだけに色々と大変なこともあるだろうし、2巻でどのような展開になるかが気になるところ。
読了日:1月25日 著者:森橋ビンゴ
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(1) (モンスター文庫)ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(1) (モンスター文庫)感想
web版未読。場所ごと異世界漂流してオークなどをみんなで倒してレベルを上げていろいろなスキルを習得していって強くなるって話かな。こういうスキルポイントとかを細かくやるやつにそこまで耐性がないせいか、序盤少し読みにくく感じた。後半なるとスムーズに読めるようになったけど、レベルの上がるタイミングなどまで計算してるせいかややこしく感じる。話としては好きだけど、生々しさが少し中途半端なんだよな。主人公のクラスメイトがレイプされたところとかもっと掘り下げて欲しかったな。
読了日:1月26日 著者:横塚司
異界神姫との再契約(リユニオン) 1.暴風再愛 (GA文庫)異界神姫との再契約(リユニオン) 1.暴風再愛 (GA文庫)感想
最初から最後まで読みやすかったし、内容も面白かった。
読了日:1月27日 著者:望公太
この恋と、その未来。 -一年目 夏秋- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 夏秋- (ファミ通文庫)感想
今巻も全体的に安定の良さ。ラストの展開は予想はできたけど、やっぱり辛いよな。いつも四郎を鈍感などと言ってる未来だけど、四郎の気持ちには気付いてないのかな。四郎の気持ちに気付いてるからこそのラストの展開ということもありえるかな。四郎は四郎で未来への想いを忘れようと行動するんだが、逆にその行動でさらに辛い想いをすることになりそう。2年になったら、四郎と未来が別々に1人部屋になる可能性だってあるし、これから四郎と未来の関係がどうなるか気になる。
読了日:1月28日 著者:森橋ビンゴ
二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)二度めの夏、二度と会えない君 (ガガガ文庫)感想
涙腺が緩むってレベルじゃないな。序盤から涙腺崩壊した。読む前にあらすじや絵を見るだけで鬱な気分になったし、内容もだいぶ鬱展開だった(良い意味で)。普段、御都合主義とか嫌いなのに御都合主義でもいいから2人が幸せになってくれって何度思ったか。この終わり方は結構人によって感じ方が大分変わるんじゃないかな。確かに主人公の思い通りには進んだけど、自分としてはどうも不完全燃焼な気分。でも、今まで自分の読んだ本の中で一番、最初から最後まで泣ける本だったのは間違いないかな。
読了日:1月28日 著者:赤城大空
クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)クズと金貨のクオリディア (ダッシュエックス文庫)感想
うーーん。文書というか、掛け合いとかは面白かったけど、内容がいまいち惹かれかったかな。主人公はまぁ見た目が十割大事ってことで言いたいことは分かるが、ヒロインのキャラがいまいち掴めんかった。次に期待。
読了日:1月31日 著者:さがら総,渡航(Speakeasy)
冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)感想
最初から最後まで安定して面白かったな。挿絵が非常によかったです。
読了日:2月2日 著者:丸戸史明
サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)サクラ×サク 01 我が愛しき運命の鏖殺公女 (ダッシュエックス文庫)
読了日:2月4日 著者:十文字青
終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ2 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)感想
今巻も非常に面白かった。まだ、本気ではないだろうけどやっと、グレンの強さを周りに見せることが出来るようになり、周りのグレンへのイメージが変わっていくこの感じが読んでいて面白い!グレンや真昼がいくら強いといっても、やっぱこの時代での強さなんだな。グレンを好きな真昼や小百合が非常に可愛いです。
読了日:2月5日 著者:鏡貴也
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 4 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 4 (GA文庫)感想
やっと、諸葉の周りの静乃とサツキにもスポットが当たってきた。静乃は普段やる気がないから、よく実力がわからなかったけど今巻でやる気を出した静乃の実力が見れた。諸葉、静乃、サツキみんなこの時点で相当強いがまだまだ成長幅がありすぎて、どこまで強くなるのやら。異端者と戦うならともかく、救世主との闘いは嫌っていた諸葉だが次巻は自らの意志で雷帝との戦争。期待が高まる。
読了日:2月7日 著者:あわむら赤光
無職転生 ~異世界行ったら本気だす~  (4) (MFブックス)無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ (4) (MFブックス)感想
話にあまり進展がないせいか、少し盛り上がりに欠ける。でも、相変わらず会話のテンポや下ネタは見てて面白かった。
読了日:2月8日 著者:理不尽な孫の手
黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル! >4.調教天使 (HJ文庫)黒き英雄の一撃無双<ワンターンキル! >4.調教天使 (HJ文庫)感想
力を無効化する敵がいると、俺TUEEEの主人公はこうなるんだろうなってのは想像出来たけど、そこからまさかのピンチになると思ったらこの勝ち方ですか……。あっけなかった感が否めない。まぁ、いろいろと理解出来なかった部分もあったけど、またそれも一つの意見だと思うと勉強になった。アドルフと一王のバトルは熱かった。次巻は魔界に行くらしいので、そろそろ最強のホントの力が見れる時も近いのかな。
読了日:2月13日 著者:望公太
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 5 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 5 (GA文庫)感想
今巻はロシア戦争ですね。なんといっても、バトルシーンが熱かったな。最後のシーンなんてホント盛り上がった。石動さんをカッコいいと思ったの初めてかも。それにしても諸葉はあんま掴みにくいな。なんというか、キレるタイミングが予想しずらい。最後のところはともかく中盤のところはそこまでする必要あったのかなって思った。確かに舐められないようにはそうするしかないのかもしれないけどさ、話の流れ的にもう少し傷をつけない程度でやった方が良かったんじゃないかって気もする。なにはともあれ今までで一番盛り上がった巻だと思う。
読了日:2月16日 著者:あわむら赤光
未来/珈琲 彼女の恋。2 (GA文庫)未来/珈琲 彼女の恋。2 (GA文庫)感想
前巻は良い未来を求めて。今巻は過去にあった父親との出来事の解決の話。終わり方としては自分としては結構良い終わり方だったと思う。確かに茶番みたいな感じだったが、これで良かった。前巻と違い時音という存在で何度も過去や未来に行きき出来ることで、緊張感が薄れたことが否めないけど。ストーリーを続ける上で必要なんだけど、もう少し制限みたいなのもあっていいかなって思った。時音は子どもということを鑑みるとしょうがないのかもしれないけど、物語といえども命を軽視しすぎるのは見ていていいもんじゃなかったな。可愛いんだけどね。
読了日:2月18日 著者:千歳綾
オーバーロード1 不死者の王オーバーロード1 不死者の王感想
想像以上の面白さ!忠誠心の強さが見ててたまらなくいいな。とにかくカッコいい。無駄なエロもなく見てて不快になる箇所もなかった。しかもweb版とはだいぶ話を変えてるらしいしweb版の方も読まないといけないな。
読了日:3月9日 著者:丸山くがね
この素晴らしい世界に祝福を! (6) 六花の王女 (角川スニーカー文庫)この素晴らしい世界に祝福を! (6) 六花の王女 (角川スニーカー文庫)感想
今巻もめっちゃ笑わせてもらった。ギャグのレベル高いよ。あとめぐみんが非常に可愛くなってきたな。やはり前回の影響かな。カズマはモンスター戦の時より対人戦の方が活躍するな。中盤の部分じゃ、見てる自分まで恥ずかしくなってきた。今回はダクネスのMキャラがあんまり出てこなかったな。
読了日:3月11日 著者:暁なつめ
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 (GA文庫)聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 6 (GA文庫)感想
すんげぇ面白かったです。自分の中では一番盛り上がったロシア戦争が終わってからの今巻。正直なところ今巻は前巻より盛り上がりは下がると思ってたけど、全然だった。個人的にはロシア戦争よりも盛り上がった。なんといってもいつもは諸葉がほとんど終わらせていたところだったのが、諸葉なしでのストライカーズたちのバトル。どのバトルも熱かった。石動兄が本当カッコいいんだよ。弟は何やってんだか。今までは終わり方が結構キリが良かったんだけど、今巻は衝撃の展開で終わったせいか余計に続きが気になる。次巻も楽しみ。
読了日:3月14日 著者:あわむら赤光
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)感想
前半の恋愛面の話が、結構よかった。王道バトルとかに入ってくる恋愛要素って基本的に好まんのだが、これは別だな。 後半のバトルも文句なしに良かった。クラウドのやり方は確かにどうかと思ったが、正々堂々の真っ向勝負は見てて熱くなれた。
読了日:3月14日 著者:海空りく
オーバーロード2 漆黒の戦士オーバーロード2 漆黒の戦士感想
今巻も安心して読めた。ハムスケのくだりといいまだ無双出来てるし、安心安心。新加入のハムスケ、これもいいキャラしてますわ。ナーベラルの毒舌キャラもいいな。ラストの展開が衝撃的だった。まさかの事態。これにはきっと理由があるはず……。あってほしい。
読了日:3月17日 著者:丸山くがね
オーバーロード3 鮮血の戦乙女オーバーロード3 鮮血の戦乙女感想
シャルティアさんめちゃくちゃ強いな。まさかここまで強いとは思わなかった。今までの戦いとは桁外れすぎる。正体不明の強敵も出てきたことだし、これからどのような展開になるか楽しみ。次回は丸々一巻つかってリザードマンですか。どんな話になるんだろうな。
読了日:3月21日 著者:丸山くがね
Re:ゼロから始める異世界生活6 ラバーストラップ付き特装版 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活6 ラバーストラップ付き特装版 (MF文庫J)感想
特装版買ったのはリゼロが初めてな気がする。レム最高でした。web版で読んでからの書籍版だけど、レムにまたまた泣かされた。本当の優しさとはこういうことをいうんですね。今巻ばかりはレムがメインヒロインと言っても誰も反論しないだろ。とにかくレムが神々しかったです。
読了日:3月27日 著者:長月達平
絶深海のソラリスII (MF文庫J)絶深海のソラリスII (MF文庫J)感想
ページ数を確認しようとした時に最後の一つ前の挿絵をチラッと見てしまった今巻。最初から読む時にどうもその挿絵のことが頭をよぎって辛かった。。1巻の時に登場したクロエの姉のシャロン。姉妹揃ってのチョロインさはともかく最初の山城ミナトへの思いを心変わりするインパクトさが少し足りない気がする。終盤になるとやはり今読んでるのは絶深海のソラリスなんだなということが身に染みる。行動を選択した後に、その行動とはまた別の行動を選択した場合の未来を描写することで、絶望?辛さ?が助長される。そしてこのラスト。非常に圧巻だった。
読了日:4月1日 著者:らきるち
オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち【ドラマCD付特装版】オーバーロード4 蜥蜴人の勇者たち【ドラマCD付特装版】感想
前巻に書いてあったように今巻は丸ごとリゼードマン回だった。前半はリザードマンへの感情移入?のためかリザードマン視点で書かれてた分面白くないわけではなかったけど、退屈だったな。後半は元に戻ってアインズ・ウール・ゴウン視点。実力差が相当あるわけだが、それを見せた上でのこの取り引きか。よく考えられてるな。
読了日:4月4日 著者:丸山くがね
問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! (角川スニーカー文庫)問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です! (角川スニーカー文庫)感想
第一部終わりましたね。後半の伏線の回収は歯車が噛み合ったというかなんというか、鳥肌がたちまくりだった。前巻を読んだ時からずっと気になっていたあの終わり方。十六夜の涙、震えの意味。なるほど。やっと理解が出来た。さらには、飛鳥のセリフ。普通に違和感なく読んだけどそこにも伏線があったのか。そして退廃の風のところもちゃんと回収してあったし良かった。話が難しめで全て理解出来てるわけじゃないから、もっと読み込まないといけないな。第2部への期待が高まりまる。
読了日:4月5日 著者:竜ノ湖太郎
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)感想
アニメ視聴前に再読
読了日:4月5日 著者:大森藤ノ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (3) (富士見ファンタジア文庫)感想
上下巻構成?ということで、最後の最後以外はあまり白熱したり、盛り上がったりするシーンはなかったが退屈することなく読めた。話の掛け合いもなかなか面白いし、なんといってもキャラが全体的に魅力的。リィエルが良いキャラしてた。
読了日:4月11日 著者:羊太郎
終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ3 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)感想
とにかく面白い!その一言につきる。柊、真昼、百夜教での駆け引き。その強者やその集団へグレンはどう立ち回るのか。グレン、主人公してるな。さらに真昼の圧倒的なヒロインとしての貫禄。真昼をどうしても憎めない。そして暮人。思ったより良いキャラしててこのキャラもどうも憎めない。まさかここで阿修羅丸の名前が出るとは。これは漫画の方に関わってくるのかな。これを読むことで漫画の方がもっと面白くなると思う。とりあえずものすごい面白かったです!!!!
読了日:4月15日 著者:鏡貴也
ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)ぼくは明日、昨日のきみとデートする (宝島社文庫)感想
なるほど。面白かった。だいたいこの人物はアレだろうなとかの予想は簡単に出来たけどこんな理由があったのか。涙するって聞いたけどこれ泣きそうにないなっておもってたけど全ての真意を知った時に過去の涙の理由を知って思わず泣いてしまった。確かにもともと不思議だなとは思ってたけどそんな理由があったとは。辛すぎる。
読了日:4月15日 著者:七月隆文
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)感想
良い展開だった。ヘルメスのキャラがなんか違うなと思ったらなるほど。そういうことか。末恐ろしいな。イシュタル……同じ美神でもえらく違う。品性とは大事だな。フレイヤファミリアが強過ぎて驚くわ。魅了のシステムってどんな感じなんだろ。神力は使えないわけだし。
読了日:4月21日 著者:大森藤ノ
終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ4 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)感想
盛り上がりまくりの展開。前巻での終わり方から気になりまくりの今巻。最初から最後まで気が抜けない面白さ。あっという間に読み終わったな。今巻でやはり一番良かったのは五士や美十たちのグレンを想う気持ちが良かった。次巻もきになる
読了日:4月22日 著者:鏡貴也
WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 1 (GA文庫)WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 1 (GA文庫)感想
原作未プレイ。ちょっと序盤の方がよく見たような内容で少し退屈した感じはあったけど終盤の展開は好きだな。メンタルを削ってくるようなドロドロ展開になりそう。うーん、自分的に推しキャラがいないのがちょっとな。でも、その分どちらにも感情移入できるのはいいけど。どちらも主人公がいないとダメそうだし、主人公がどちらを選ぶのかはたまた選ばないのか、選ばれなかった子はどうなるのか続きが楽しみ。
読了日:4月26日 著者:月島雅也
失恋探偵ももせ (電撃文庫)失恋探偵ももせ (電撃文庫)感想
序盤が退屈だった。先が読めやすいし、こうやって一つ一つやっていくのかなって思ってたけど、終盤は良かった。こういう感じの展開が好きなんだけど、これもちょっと先が読めたから、残念。次巻からどのような展開になるか期待。
読了日:5月1日 著者:岬鷺宮
さくらコンタクト route A 小河桃子 (このライトノベルがすごい!文庫)さくらコンタクト route A 小河桃子 (このライトノベルがすごい!文庫)感想
してやられた感。オススメしてもらったは良いものの、内容は全く知らなかったせいでいつ来るか分からない死にビクビクしてしまった前半。関係性的に確かにそう終わらせようとするための事だとは思ってたけど、いや死ぬ理由ww。てっきり死ぬのは桃子の狂言とかだと思ってたのに。それにしてもこのオチwいや、分かってはいたけど、なんかもう少し偶然じゃない感というかさ、あると思ってたわけだよ。伝説というか運命というものに恐怖を感じた一冊でした。あっ、面白かったですよ。はい。
読了日:5月5日 著者:七月隆文
黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)黒崎麻由の瞳に映る美しい世界 (ファミ通文庫)
読了日:5月18日 著者:久遠侑
異世界迷宮の最深部を目指そう 1 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 1 (オーバーラップ文庫)感想
ディアという少女が物語に登場してからどんどん盛り上がってページをめくる手が止まらなかった。とにかく、バトルが熱かった!あらすじにあるように確かに優遇されたステータスやスキルだったけど、1巻の時点で苦戦を強いられる敵の登場。バトルジャンキーとの戦いは見ていて堪らないものがある。緊迫する生死を分けた戦い。大変面白かったです。
読了日:5月20日 著者:割内タリサ
異世界迷宮の最深部を目指そう 2 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 2 (オーバーラップ文庫)感想
ディアの出番が少なくて残念。二十守護者ティーダを倒した割には周りからの扱いがあんまり変わらないな。ラスティアラを取り返そうとする天上の七騎士との決闘もやはりティーダとの戦いに比べてしまうと、ちょっと盛り下がる気分。ティーダほどの熱戦はなかったとはいえ、最後に明かされる、ラスティアラに関する衝撃的な真実。ラスティアラの真実を知った、カナミはこれからどうなるのか、また、スキル『???』とは一体なんなのか。気になるところ
読了日:5月20日 著者:割内タリサ
異世界迷宮の最深部を目指そう 3 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 3 (オーバーラップ文庫)感想
なんなんだ、この物語の熱さは。最初から最後までテンション上がりまくり。おかしいことがおかしいと思えない。誘導教育という恐怖。自分が間違っていたということを気付いた時のハインさんイケメンすぎる。アルティと手を組んでるようなパリンクロンという人物。目的が分からない。果たしてこの男は何を目的にしてるんだろう。全てが丸く収まって終わった……はずだったのに…まさかのラスト。4巻はいつなんだ、
読了日:5月25日 著者:割内タリサ
サクラ×サク 02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ (ダッシュエックス文庫)サクラ×サク 02 ボクノ願イ叶ヱ給ヘ (ダッシュエックス文庫)感想
面白かった。チャンスはあるのに運がなく会えないサクラとハイジ。会いたいという気持ちはあるものの、自分のサクラへの気持ちを気づいていない?気づかないようにしてるハイジと、人との付き合いが圧倒的に少ないせいで自分の気持ちが理解出来てない、サクラ。もどかしすぎる、この関係。まぁ、あと肝心のバトルは、ハイジめっちゃ強いじゃないか。魔性の効果が特定の場合のみなんだが、その特定があった時の強さは凄い。まだまだ気になるところ盛りだくさんで次巻が楽しみ
読了日:5月28日 著者:十文字青
終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ5 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
読了日:5月28日 著者:鏡貴也
ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J)ようこそ実力至上主義の教室へ (MF文庫J)
読了日:6月3日 著者:衣笠彰梧
青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない (電撃文庫)
読了日:6月5日 著者:鴨志田一
ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)ラストエンブリオ (1) 問題児の帰還 (角川スニーカー文庫)
読了日:6月7日 著者:竜ノ湖太郎
この恋と、その未来。 -一年目 冬- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 冬- (ファミ通文庫)
読了日:6月8日 著者:森橋ビンゴ
恋をしてはいけないゲーム、振られてもきみに恋をする (MF文庫J)恋をしてはいけないゲーム、振られてもきみに恋をする (MF文庫J)
読了日:6月11日 著者:七烏未奏
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1) (ファミ通文庫)吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1) (ファミ通文庫)
読了日:6月12日 著者:野村美月
フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)フレイム王国興亡記 1 (オーバーラップ文庫)感想
面白かったけど、なんというか表現のしにくい面白さ。バトルとはまた、違った爽快感があるな。話の内容が内容なだけに、一ページあたりの字が多いような。あとがきには笑った。web小説の書籍化って、あんな感じなのかw
読了日:6月14日 著者:疎陀陽
生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)生徒会探偵キリカ1 (講談社ラノベ文庫)
読了日:6月15日 著者:杉井光
龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)龍盤七朝 DRAGONBUSTER〈01〉 (電撃文庫)感想
世界観は中華風かな?読み応えのある一冊だった。キャラの名前覚えるのが苦手な自分としては、いつも以上覚えるのが大変だったな。一巻の話的には、それほど盛り上がる箇所は少なかったが、話がよく作り込まれていて、これからが楽しみな作品。でも、これ未完なのか…。どんな方向に話が進むか気になるんだけどな
読了日:6月22日 著者:秋山瑞人
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)感想
最高ですな。主人公が過去のトラウマっていうのかな、過去の事が原因で人に無関心、冷めてる感じなのが、東雲という自分に似たような存在と出会う事で東雲に惹かれていく。でも、今までのせいで自分の気持ちが自分でも理解出来てないが、少しずつだんだん理解していくさまが、これまた最高。東雲に惹かれていく事で、今までの自分に変化が出てきたのにも関わらず、なぜ変化したのが自分でも気づかないところがまた良い。
最高の作品でした。
読了日:6月25日 著者:森橋ビンゴ
六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
眠気が覚めるほどの、圧倒的なスリリング感。終始誰が7人目か予想出来なかった。確かに人狼ゲームだな。時には議論で、時にはバトルで誰が7人目を探し出していく。議論も所々にしっかり伏線が張ってあるし、バトルも熱く、凡人だが知恵を使い闘うさまは圧巻だった。ラストは鳥肌もん。
読了日:7月2日 著者:山形石雄
オーバーロード5 王国の漢たち [上]オーバーロード5 王国の漢たち [上]感想
前巻と同様、序盤はアインズ・ウール・ゴウンではない、キャラ達の話を主軸に持ってきて、後々アインズ・ウール・ゴウンのメンバーに絡ませていく感じ。それにしてもやはり強いな。今回はセバスメインの回だったわけで、セバスtueee見れた。でも、前巻に似たような感じで戦闘に関しては最強なのに、頭脳戦がちょっと……。前編後編の前編であったわけで、6巻の後編が楽しみ。
読了日:7月4日 著者:丸山くがね
六花の勇者〈2〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者〈2〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
前巻の衝撃的な終わり方。終わり方が終わり方なだけに少しマンネリ感があるかと思ったが、前回とはまた違う進み方でこれもまた面白かった。プロローグの時点でハラハラされられ、どんなラストなのかが気になって仕方がなかった。そして、このラスト。全員が全員等しく怪しくなく、等しく怪しいので未だに7人目が誰だか予想もつかない。次巻はどのような展開が繰り広げられるか楽しみ。
読了日:7月4日 著者:山形石雄
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫)感想
面白かった。
読了日:7月6日 著者:渡航
下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)感想
普段気にもしない、知らなかった下読みという仕事のことが書かれており、自分がライトノベルを書き、投稿しているわけではないが読み手側として大変勉強になる一冊だった。
読了日:7月7日 著者:野村美月
我がヒーローのための絶対悪(アルケマルス) (ガガガ文庫)我がヒーローのための絶対悪(アルケマルス) (ガガガ文庫)
読了日:7月11日 著者:大泉貴
オーバーロード6 王国の漢たち[下]オーバーロード6 王国の漢たち[下]感想
うん。イビルアイ可愛い。イビルアイが良いキャラしてた。内容も面白く大満足。
読了日:7月17日 著者:丸山くがね
六花の勇者〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者〈3〉 (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
幼き戦士ゴルドフの葛藤。2巻では空気だったゴルドフのメイン回。ナッシェタニアの登場にゴルドフは姫を取るか六花の勇者を取るか。六花ってゴルドフが主人公だっけ。この考え方は主人公だろ。アドレットの活躍………。チャモの最強伝説はなんなの。フレミー良いよ。フレミー。やはりフレミーしかいない。さりげないハンスの問いへの答え方にアドレットへの気持ちが…
読了日:7月21日 著者:山形石雄
六花の勇者  4 (スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 4 (スーパーダッシュ文庫)感想
謎がどんどん増えていく今巻。黒の徒花。それの正体を知らないと六花の勇者に万が一も勝ち目はない。黒の徒花の正体を暴き出せ。黒の徒花……俺は信じてる。アドレットの活躍の時はまだかよ
読了日:7月21日 著者:山形石雄
六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)感想
今回で7人目の正体が分かったわけですけど、あの人が7人目だとすると2巻ラストのテグネウの発言が理解できないんですけど、分かる人教えて下さい。
読了日:7月24日 著者:山形石雄
六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)六花の勇者 6 (ダッシュエックス文庫)感想
3行目。泣ける。絶望の淵微かに見える希望。その絶望を回避した時に現れるのはまた別の絶望。地上最強の男アドレット・マイア、そしてフレミー・スピッドロウ、彼彼女らに救済の処置があらんことを願うばかり。
読了日:7月25日 著者:山形石雄
ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)ノーゲーム・ノーライフ7 (MF文庫J)感想
頭を使って、様々な数式を展開。まさかの裏切りか⁉︎と思い気や、一転、まさかのギャグとはやられた。頭の使いみちがもったいなさすぎる。ところどころ理解できない、ゲーム内容ではあったが、伏線だと知り納得。なかなか難しいので8巻が早く発売してほしい。
読了日:7月27日 著者:榎宮祐
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファライト文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈上〉 (アルファライト文庫)感想
盛り上がりには欠ける気がするが、全体的に好奇心を擽らせる面白さがあった。敵の軍勢の馬鹿さ加減は何か理由があるんですかねwこれから各国との絡みなど楽しみ。
読了日:7月29日 著者:柳内たくみ
異世界迷宮の最深部を目指そう 4 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 4 (オーバーラップ文庫)感想
web版未読。新キャラ竜人・スノウの登場。やばい、またしてもヒロイン来た。ヒロイン達のレベル高すぎだろ。ここまですべてのヒロインが魅力的な作品は初めて見た。今巻はカナミの戦闘力だけでなくリーダーとしての才覚が見れた。次巻がどうなるか楽しみ。今のとこパリンクロンの手のひらっぽいから、パリンクロンにひと泡吹かせる展開に期待
読了日:7月31日 著者:割内タリサ
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉 (アルファポリス文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編〈下〉 (アルファポリス文庫)感想
国会にいる時のロゥリィが良いキャラ充分発揮してたなー。各国の卑劣な手。しかし実際にありそう。最後の日本のやり口めっちゃ良い。こんな感じのやり方大好き。次巻はどう進むのか、楽しみ。
読了日:8月1日 著者:柳内たくみ
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (4) (富士見ファンタジア文庫)感想
やっぱりおもしれぇ。アルベルトの戦い方めっちゃ好きだわ。幾重にも予備線を張ったり、相手の裏の裏をかくとか最高。グレンとの関係性も良いし、確かにこれはヒロインでも良いな。それとグレンはやる気ない感じだけど王道主人公だし、やはりカッコよかった。まだまだ伏線もあるしこれからの展開楽しみ
読了日:8月2日 著者:羊太郎
火花火花
読了日:8月7日 著者:又吉直樹
ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈10〉アリシゼーション・ランニング (電撃文庫)
読了日:8月16日 著者:川原礫
塩の街 (角川文庫)塩の街 (角川文庫)
読了日:8月22日 著者:有川浩
オーバーロード7 大墳墓の侵入者オーバーロード7 大墳墓の侵入者感想
今までで一番非情な回だった。苦しい、辛い。読んだあと笑みというものが消え去ったよね。書き方が怖くて、ゴキブリの所は背筋がゾワッてする。そしてこの無情な終わり方。心にぽっかり穴が開いたようだ。これからの展開どうなるんですかね……。
読了日:8月24日 著者:丸山くがね
明日、今日の君に逢えなくても (MF文庫J)明日、今日の君に逢えなくても (MF文庫J)感想
設定は良かったが、キャラが個人的に合わなかった。あと一押しあれば泣きそうなシーンが結構あった。一番良かったのは終わり方。非常に綺麗で良い終わり方だった。
読了日:9月18日 著者:弥生志郎
オーバーロード8 二人の指導者オーバーロード8 二人の指導者
読了日:9月28日 著者:丸山くがね
オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者
読了日:9月30日 著者:丸山くがね
オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者オーバーロード9 破軍の魔法詠唱者
読了日:9月30日 著者:丸山くがね
君にさよならを言わない (宝島社文庫)君にさよならを言わない (宝島社文庫)
読了日:10月1日 著者:七月隆文
君が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)君が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)
読了日:10月4日 著者:三秋縋
Re:ゼロから始める異世界生活 (7) (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活 (7) (MF文庫J)
読了日:10月5日 著者:長月達平
植物図鑑 (幻冬舎文庫)植物図鑑 (幻冬舎文庫)
読了日:10月9日 著者:有川浩
僕が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)僕が電話をかけていた場所 (メディアワークス文庫)
読了日:10月11日 著者:三秋縋
この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁 (角川スニーカー文庫)この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁 (角川スニーカー文庫)
読了日:10月13日 著者:暁なつめ
東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)
読了日:10月16日 著者:森橋ビンゴ
東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)東雲侑子は恋愛小説をあいしはじめる (ファミ通文庫)
読了日:10月19日 著者:森橋ビンゴ
東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)
読了日:10月20日 著者:森橋ビンゴ
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) (GA文庫)
読了日:10月21日 著者:海空りく
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)2 (GA文庫)
読了日:10月21日 著者:海空りく
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)3 (GA文庫)
読了日:10月22日 著者:海空りく
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)4 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)4 (GA文庫)
読了日:10月23日 著者:海空りく
レインツリーの国 (新潮文庫)レインツリーの国 (新潮文庫)
読了日:10月23日 著者:有川浩
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)5 (GA文庫)
読了日:10月24日 著者:海空りく
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)6 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)6 (GA文庫)
読了日:10月24日 著者:海空りく
異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)異世界迷宮の最深部を目指そう 5 (オーバーラップ文庫)
読了日:10月27日 著者:割内タリサ
この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 春- (ファミ通文庫)
読了日:10月29日 著者:森橋ビンゴ
この恋と、その未来。 -一年目 夏秋- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 夏秋- (ファミ通文庫)
読了日:10月31日 著者:森橋ビンゴ
この恋と、その未来。 -一年目 冬- (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 -一年目 冬- (ファミ通文庫)
読了日:10月31日 著者:森橋ビンゴ
この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― (ファミ通文庫)
読了日:10月31日 著者:森橋ビンゴ
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)7 (GA文庫)
読了日:11月2日 著者:海空りく
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)8 (GA文庫)
読了日:11月2日 著者:海空りく
この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― (ファミ通文庫)この恋と、その未来。 ―二年目 春夏― (ファミ通文庫)
読了日:11月4日 著者:森橋ビンゴ
世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>1 再来の騎士 (MF文庫J)
読了日:11月5日 著者:細音啓
世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)世界の終わりの世界録<アンコール>2 極光の竜帝 (MF文庫J)
読了日:11月5日 著者:細音啓
わたしの恋人 (角川文庫)わたしの恋人 (角川文庫)
読了日:11月7日 著者:藤野恵美
終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)終わりのセラフ6 一瀬グレン、16歳の破滅 (講談社ラノベ文庫)
読了日:11月7日 著者:鏡貴也
妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)
読了日:11月8日 著者:平坂読
愚者のジャンクション-side friendship- (角川スニーカー文庫)愚者のジャンクション-side friendship- (角川スニーカー文庫)
読了日:11月9日 著者:耳目口司
ぼくの嘘 (角川文庫)ぼくの嘘 (角川文庫)
読了日:11月10日 著者:藤野恵美
天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)
読了日:11月11日 著者:村山由佳
ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)
読了日:11月12日 著者:紅玉いづき
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編〈上〉 (アルファポリス文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編〈上〉 (アルファポリス文庫)
読了日:11月15日 著者:柳内たくみ
槙坂涼は退屈を好まない。 (アルファポリス文庫)槙坂涼は退屈を好まない。 (アルファポリス文庫)
読了日:11月16日 著者:九曜
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ (MF文庫J)
読了日:11月18日 著者:東龍乃助
ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編〈下〉 (アルファポリス文庫)ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈2〉炎龍編〈下〉 (アルファポリス文庫)
読了日:11月19日 著者:柳内たくみ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか8 (GA文庫)
読了日:11月19日 著者:大森藤ノ
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (電撃文庫)
読了日:11月21日 著者:宇野朴人
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)
読了日:11月22日 著者:羊太郎
おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (1) キスまでの距離 (集英社文庫)
読了日:11月22日 著者:村山由佳
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)
読了日:11月23日 著者:宇野朴人
ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)ブラック・ブレット 神を目指した者たち (電撃文庫)
読了日:11月23日 著者:神崎紫電
賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫)賢者の孫 常識破りの新入生 (ファミ通文庫)
読了日:11月24日 著者:吉岡剛
君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)君から受け継ぐ英雄系譜<ブレイブ・クロニクル> (オーバーラップ文庫)
読了日:11月24日 著者:熱井拳也
賢者の孫2 破天荒な新英雄 (ファミ通文庫)賢者の孫2 破天荒な新英雄 (ファミ通文庫)
読了日:11月25日 著者:吉岡剛
おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (2) 僕らの夏 (集英社文庫)
読了日:11月25日 著者:村山由佳
ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)ワールド・ティーチャー 異世界式教育エージェント 1 (オーバーラップ文庫)
読了日:11月26日 著者:ネコ光一
天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)
読了日:11月27日 著者:永菜葉一
陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女 (ファミ通文庫)陸と千星~世界を配る少年と別荘の少女 (ファミ通文庫)
読了日:11月30日 著者:野村美月
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)感想
智略だけではなく一対一のバトルもありどっちも面白かった。
読了日:12月1日 著者:宇野朴人
ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ (角川スニーカー文庫)ラストエンブリオ (2) 再臨のアヴァターラ (角川スニーカー文庫)感想
焰の活躍より十六夜の活躍が見たいと思ってしまう………。問題児たちよ。活躍まだか?……
読了日:12月2日 著者:竜ノ湖太郎
十二因縁 縁~神様君と願いの絵馬 (KCG文庫)十二因縁 縁~神様君と願いの絵馬 (KCG文庫)感想
掴みはバッチリだった…
読了日:12月2日 著者:友麻碧
天空監獄の魔術画廊 (2) (角川スニーカー文庫)天空監獄の魔術画廊 (2) (角川スニーカー文庫)感想
さらにエロく…。レオナが好きや!
読了日:12月3日 著者:永菜葉一
天牢都市〈セフィロト〉 (MF文庫J)天牢都市〈セフィロト〉 (MF文庫J)感想
空から降ってくる少女。全体的にまとまっていて面白かった。
読了日:12月4日 著者:秋月煌介
終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語 1 (JUMP j BOOKS)終わりのセラフ 吸血鬼ミカエラの物語 1 (JUMP j BOOKS)感想
またまた謎の深まる終わりのセラフの世界。クローリーカッコよかった。
読了日:12月5日 著者:鏡貴也
転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)感想
とにかくキャラ可愛い。悪政改革が楽しみ。
読了日:12月6日 著者:語部マサユキ
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (角川スニーカー文庫)終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (角川スニーカー文庫)感想
少女に託すだけしか出来ないって………。ヴィレム頑張れ。
読了日:12月11日 著者:枯野瑛
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2) (角川スニーカー文庫)感想
普通の一人の少女の初恋が報われることをただただ願うばかり。
読了日:12月12日 著者:枯野瑛
終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (3) (角川スニーカー文庫)終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (3) (角川スニーカー文庫)感想
心を痛めつけられる。目が離せない!
読了日:12月12日 著者:枯野瑛
白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― (ダッシュエックス文庫)白蝶記 ―どうやって獄を破り、どうすれば君が笑うのか― (ダッシュエックス文庫)感想
イラスト良いですね。帯は………うん。
読了日:12月12日 著者:るーすぼーい
さよならピアノソナタ (電撃文庫)さよならピアノソナタ (電撃文庫)感想
うーん。もうちょい恋愛成分欲しいとか言ってみる。
読了日:12月12日 著者:杉井光
さよならピアノソナタ〈2〉 (電撃文庫)さよならピアノソナタ〈2〉 (電撃文庫)感想
恋愛成分増えた。やったね。神楽坂先輩のギャップと大人の魅力が光る巻だった
読了日:12月13日 著者:杉井光
さよならピアノソナタ〈3〉 (電撃文庫)さよならピアノソナタ〈3〉 (電撃文庫)感想
鈍感系は突き詰めても清々しさを感じないものですね。
読了日:12月14日 著者:杉井光
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)9 (GA文庫)落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)9 (GA文庫)感想
今までの集大成。これからもどう成長していくか楽しみ
読了日:12月14日 著者:海空りく
さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)さよならピアノソナタ〈4〉 (電撃文庫)感想
今までのツケがまわってきたみたいな。とにかく神楽坂先輩良いです。
読了日:12月15日 著者:杉井光
さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)さよならピアノソナタ―encore pieces (電撃文庫)感想
一番好きな巻だな
読了日:12月15日 著者:杉井光
三月、七日。 (ファミ通文庫)三月、七日。 (ファミ通文庫)感想
この終わり方………。その後のハナシを早く読みたい
読了日:12月16日 著者:森橋ビンゴ
おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (3) 彼女の朝 (集英社文庫)感想
最高の甘々恋愛もの。
読了日:12月17日 著者:村山由佳
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか9 (GA文庫)感想
次巻への期待値がめっちゃ高い❗️
読了日:12月17日 著者:大森藤ノ
おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (4) 雪の降る音 (集英社文庫)感想
毎巻毎巻好きだが、今回はさらに好きだな。こうしてだんだんと着実に二人は硬く結ばれていくんだろうなと。
読了日:12月18日 著者:村山由佳
君の膵臓をたべたい君の膵臓をたべたい感想
一文でブワッと欲しかった感
読了日:12月19日 著者:住野よる
魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
苦手な始まり方(キャラたくさんの登場)重そうで重くない。
読了日:12月21日 著者:遠藤浅蜊
おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)感想
どう行動しようとロクな未来が見えない。この正しい行動がというのがない問題で勝利はどう行動するのか。しっかりと見届けたい。
読了日:12月21日 著者:村山由佳
魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
ミステリーだ。スノーホワイトが良い味出してきそうで楽しみ
読了日:12月23日 著者:遠藤浅蜊
魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)魔法少女育成計画 restart (後) (このライトノベルがすごい! 文庫)感想
ここまでは読まなきゃな。
めっちゃ面白かった。ラピスが最高でした。バトルも良かった
読了日:12月24日 著者:遠藤浅蜊
ざるそば(かわいい) (MF文庫J)ざるそば(かわいい) (MF文庫J)感想
ブコメ苦手だがこれは嫌いではない。でも一回読めばお腹いっぱい。
読了日:12月26日 著者:つちせ八十八
ノーゲーム・ノーライフ (8) ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです (MF文庫J)ノーゲーム・ノーライフ (8) ゲーマーたちは布石を継いでいくそうです (MF文庫J)感想
ジブリールやばい……。前巻からゲームが複雑になってきたのは気のせいかな。
読了日:12月27日 著者:
Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活Ex 獅子王の見た夢 (MF文庫J)感想
騎士という言葉の重みが伝わってくる。
読了日:12月27日 著者:長月達平
Re:ゼロから始める異世界生活Ex (2) 剣鬼恋歌 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活Ex (2) 剣鬼恋歌 (MF文庫J)感想
花は、好き?
読了日:12月28日 著者:長月達平
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)感想
女性キャラクター達が良いですね。主人公もこれからが楽しみな逸材。
読了日:12月29日 著者:十文字青
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア2 (GA文庫)感想
9巻で登場したキャラが既に出ていたとは。もっと早く読むべきだったか。
読了日:12月29日 著者:大森藤ノ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3 (GA文庫)感想
バトルのレベルたけぇ。面白い
読了日:12月30日 著者:大森藤ノ
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 (GA文庫)ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 (GA文庫)感想
ミノタウルス戦は全てのバトルを熱くした。
読了日:12月31日 著者:大森藤ノ

読書メーター

圧倒的なまでの少なさ。まぁ、今年は就職活動があったってことで仕方ないということにしよう。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村