読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

緑の午後 おいしいコーヒーのいれ方 Ⅴ

 

 

 

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)

おいしいコーヒーのいれ方 (5) 緑の午後 (集英社文庫)

 

 

 

 

 

 
5歳年上のいとこ、かれんと恋におちた大学生・勝利。そうとは知らず、勝利に思いをよせる星野りつ子。追いつめられた勝利は、ついに星野に「秘密の恋」をうち明ける。単身赴任していた勝利の父親も帰京し再婚、勝利の妹も誕生して、かれんとその弟の丈そして勝利の3人だけの生活が変わろうとしている―。番外編、丈の恋物語も収録する好評シリーズ第5弾。
 

〜感想〜〜〜〜〜〜

しっかし、相変わらず心を掴んで放さない作品である。
この作品を読もうとしたあの時の自分を褒めてあげたいレベル。
本当に読んでよかった。
さて、今巻は今まで以上に恋愛の難しさというものを知った気がする。
以前とは違い勝利とかれんの不器用さというか、歳の差もあってのちょっとしたすれ違い。そのすれ違いは恥ずかしながらも自分の本心を相手に告げる、本音で語り合うことで仲直りすることが出来た。
今巻は違う。絶対的にまで正解のない問題。
かれんとの仲は別に良い。お互い両想いでだからそれで済む。
なら、報われない恋、結ばれない想い。その現実に直面し、キチッと切り替えることができる人がどれだけいるのだろうか。
振られたからって、運命の神は新しい出会いをくれるわけではない。
叶わない想いが身体を蝕んでしまうとしたら。
その相手に対し勝利はどう行動するのだろう。
 
 
 
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村