読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

さよならピアノソナタ <3>

B評価 ライトノベル 電撃文庫

さよならピアノソナタ〈3〉 (電撃文庫)

さよならピアノソナタ〈3〉 (電撃文庫)



はじめてのライブを終え少し距離が縮まったナオと真冬は、息つく暇もなく二学期のイベントシーズンを迎える。合唱コンクールに体育祭、そしてフェケテリコ初の単独ステージとなる文化祭。神楽坂率いる民俗音楽部の面々は、ときに敵としてときに仲間としてしのぎを削る。そんな折、真冬の前にひとりのヴァイオリニストが現れる。ジュリアン・フロベール。通称ユーリ。いたいけな女の子みたいな見た目で、真冬に気安く接する彼は、かつて共に演奏旅行をした仲だという。さらに彼の出現を境に真冬の指が動くようになり、ナオの動揺を誘うが―。おかしくて少しせつない、恋と革命と音楽が織りなす物語、第3弾。

〜感想〜〜〜〜〜〜

鈍感系って突き詰めても、清々しさを感じないですね。はい。
今巻は真冬ではなくてナオへの初めてのライバル登場。本人はそんなこと思ってないんだろうけど。
この作品で思うのがサブの方に全然スポットが当たらない気がする。
ナオと真冬へのお膳立て役に過ぎないんだよな。
神楽坂先輩は策士方面で活躍するが千晶
は手助けばっか。もっと強欲になってもいいとは思うけど、一緒にいれるだけで満足か……。それが奪われるとなるとどうなるんだろ。それとも奪われるとすら思わないのか……。
次巻はいよいよ最終巻(プラス1巻あるが)

それぞれがどのような枠に収まっていくのか楽しみなところ。
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村