読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

さよならピアノソナタ

C評価 ライトノベル 電撃文庫

「六月になったら、わたしは消えるから」転校生にしてピアノの天才・真冬は言い放った。彼女は人を寄せつけずピアノも弾かず、空き教室にこもってエレキギターの超速弾きばかりするようになる。そんな真冬に憤慨する男子が一人。大音量でCDを聴くためにその教室を無断使用していたナオは、ベースで真冬を“ぶっとばす”ことにより、占拠された教室の奪還をめざす。民俗音楽研究部なる部活の創設を目論む自称革命家の先輩・神楽坂響子とナオの幼なじみ・千晶も絡みつつ、ナオと真冬の関係は接近していくが、真冬には隠された秘密があって―。恋と革命と音楽が織りなすボーイ・ミーツ・ガール・ストーリー。

〜感想〜〜〜〜〜〜

一巻じゃどうなのかいまいち判断出来ないかな。
やっぱり好みの違いってのがあるし、1巻ではまぁ普通に面白いと思うけど、好みの感じではないな。
というのも個人的な好みとして、恋愛ものは恋愛、恋愛してるのが好きだからな。甘々でも好きだし、ドロドロでも好きだし。
この作品を読む前に、音楽もの!バンドもの!ではなくて恋愛もの!というイメージを持って読み始めたから、ちょっと自分の中で勝手にずれてた。
1巻読んだ感じとしてはバンド>恋愛という感じかな。
2巻からバンドものとして考えて読もう。
結構先入観って無意識の内に物語の評価に影響がでちゃうので。

好きなキャラ………誰になるだろう

〜ネタバレ感想〜〜〜〜

真冬の心因性のような設定をこの物語でどう活かしてくるのか。重い感じになりそうだけど、こう言っては何だが楽しみだな。
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村