読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

ぼくは明日、昨日の君とデートする


感想というより、今回は紹介記事です。

発売してだいぶ月日が経つのにも関わらず未だに人気が衰えず。
まずあらすじから

京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。


最後!最後の一文❗️
彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。
ここですよ。
この作品を初めて読んだ頃の自分は作品を読み返すってことはなかったんです。
漫画は例外ですが。
そんな時この作品を読みました。
そして、もう一度読み返してしまいました。
話が理解できなかったとか、そういう理由じゃないんです。
不思議と読み返したくなってしまって、読み返すわけですが、はじめ読んでて気にも止めなかったようなところで、鳥肌がたったり、涙が溢れてしまうんです。
読むのは二回目なはずなのに、ここまで面白いのかと驚きました。
是非一度読んでみて欲しいです。

えっと何故こんなタイミングでこのような記事を書いたのかと言うとぼくは明日、昨日のきみとデートする  |  このマンガがすごい!WEB
最近コミカライズが連載スタートしたらしいからです。
是非このコミカライズでこの作品に興味を持ったり、原作も読んだりする人が増えたらファンとして嬉しいです。

映画化しませんかね(ボソッ

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村