読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

天空監獄の魔術画廊

天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)

天空監獄の魔術画廊 (角川スニーカー文庫)


奇跡の島『天空の大監獄』―そこには魔王の血肉と、恐るべき魔術が込められた600枚以上の『魔王の絵画』が封じられている。絵画きの少年・リオンはある日天空の大監獄へと閉じ込められてしまう。彼に与えられた役目は看守、そして彼を待っていたのは『魔王の絵画』を“その身に”封じられた囚人の少女たちだった。彼女たちが持つ魔術の力を利用して、リオンは監獄からの脱出を決意するが―。傑作スペクタクルファンタジー!!


〜感想〜〜〜〜〜〜〜

このライトノベルがすごい!2016の熱くなれる名セリフを見て気になり読了。
確かにエロいが流石に全年齢対象。いや全年齢対象にしてはエロいがそこじゃない。
看守と囚人のシステムが魅力的すぎる。これは出世意欲が高まる!なんて画期的で最高なシステムなんだ。
いやそこでもない。
読んでて、まぁエロいが面白くもつまらなくもないなと思っていたが終盤やっと始まるバトル。
そのバトルシステムが良い。バトルシステムっていうか、どちらかというと主人公の能力?かな。幅も広く応用も効きそうな能力でこれからも期待できる。

初めてどんどんハーレムになってしまえと思えた作品。





広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村