読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 5

B評価 富士見ファンタジア文庫 ライトノベル

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (5) (ファンタジア文庫)


「先生と私は、将来を誓い合った恋人同士だから」学修旅行後、アルザーノ魔術学院に招かれた特別講師レオス=クライトス。彼から婚約者として突然の求婚を受けたシスティーナは、グレンを言い訳に断ろうとするのだが…。「お前とくっつけば、俺、もう働かなくていいじゃんッ!」グレンは夢の無職引きこもり生活ゲットのため『逆玉』を本気で狙うロクでもない行動に出始め―。システィーナを賭けて、レオスと担当クラス同士の魔導兵団戦で決闘をすることに。決闘の裏に潜む最凶の『正義』、そして魔導士を辞めることになった過去の事件と向き合う時、グレンの下す決断とは…。


〜感想〜〜〜〜〜〜

すごいな。この5巻まで安定の面白さ。6巻ではどのような物語になるか分からないがそれでも面白いんだろうなという安心感。

毎巻毎巻言うが、バトルシステムが良い。魔術の理論というか詠唱の仕組みとかの構成の仕方が好き。臨機応変な感じがたまらない。

バトルも良いが、やはり会話のテンポ、掛け合いが面白くて読み易い。グレンのお調子者っぷりとリィエルのアホさというか素直さと出鱈目さに、盛り上がり場所もしっかりとあって良い作品だと改めて思った。アニメ化くるか?w



〜ネタバレ感想〜〜〜〜〜

イラストが豪華。挿絵が多くて大変満足。白猫のウエディングドレス姿も良いがセラの口絵のポーズ可愛すぎんだろ。

内容もやはり面白かった。相変わらずグレンやるトコはしっかりとキメちゃうんだよな。
ロクでなし魔術講師じゃなくて、ロクでなし魔術の講師かなw
グレンのセラとの過去。短く切り出された何の変哲もない二人の日常。
会話だけのはずなのに登場したばかりのセラが笑みを浮かべているのが確信的に分かるのはやはり白猫と似ているからなのだろうか。と思ったら挿絵で笑みを浮かべてましたね。はい。

特別講師レオスの授業で語られる軍用魔術。炎熱、冷気、電撃それぞれを説明して、次回に風の呪文の利点を授業しますと言ってその描写がこないと思ったら最後の最後で白猫の実践で表現するとは。

今巻は珍しく複数複数の戦闘シーン、実戦という経験を積んでいるからこそのグレンの指揮、指導はしっかりと生徒の身の丈にあった教え方をしていてやはりロクでなしの先生には全然思えない。
レオスの授業のあとにしろ、この戦闘にしろ笑いをかっさらっていくリィエルがこの作品のキャラじゃ一番好き。
初期はセリカみたいなキャラ良いな、面白くしてくれそうだなとか思ってたけど全然役に立ってない……。セリカの活躍はいつになるのだろうか。

個人的に気になったとは過去を白猫に語るグレンは何故か少し、らしくないなと感じたのとグレンが白猫にあとは俺に任せろと言って白猫が泣いたところは良い場面なのにどうもあっさりした感じに思えた。あくまで個人的にだけど。

禁忌教典とは何なのかそれが少しずつ紐解かれていくだろうし、次巻が楽しみだ。




広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村