読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

天使の卵ーエンジェルス・エッグ

 

 

 

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

天使の卵―エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

 

 

 

 

 
 

そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない―。第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛した大型新人のデビュー作。

 
 

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

19.20年前の作品だけど初めて読んだ。

なるほど名作か。わかります。名作です。

浪人のせいで彼女と自然消滅しそうな状態だった歩太。そんな時にまさかの電車で出会った一目惚れ。

しかしその一目惚れした相手っていうのが、父の担当精神科医で、彼女の姉で大きな年の差。

 

立ち塞がるたくさんの障害に歩太は。

読んでいてこの恋は報われるのだろうか?彼女のことをどうするんだろ?とか色々続きが気になり読み進めたらまさか…この展開は……せこいよ。

良い作品だ。

 

おいしいコーヒーのいれ方シリーズも是非読ませて頂きます。

 

 

 

 

〜ネタバレ感想〜〜〜〜

最後の展開が衝撃すぎてもう唖然とした。突然訪れる死。せっかく良い関係になったと思ったのに。しかも後悔付きのやつですか。歩太、自分の発言とかを後悔するこのが多いとか言ってたがまさかここでも…。
時間が解決するって事もあるが、やっぱり思った事はすぐ相手に伝えた方がいいように思うな。それにしても子どももいたっていうのがさらに追い討ちをかけてくる。言えなかったんだろうな。
 
この作品に一つだけ気になるのが歩太の後悔したところでもあるんだが、春妃の夏姫への後ろめたさをどうしてもっと考慮しなかったんだろうか。確かにこれは歩太と春妃の二人の問題だが春妃と夏姫は姉妹なわけでもう少しどうにか…どうにか
 
読み終わった後の喪失感が……(展開がいきなり過ぎて泣くことすらできなかった
満足感と喪失感って真逆だけど作品としてはどちらも堪らなく良い。

 

 
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村