読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

妹さえいればいい。

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)



妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、いつも個性的な連中が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王・白川京。鬼畜税金セーバー・大悠アシュリー。天才イラストレーター・ぷりけつ―。それぞれ迷いや悩みを抱えながらもゲームをやったり旅行に行ったり仕事をしたり賑やかな毎日を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、大きな秘密があって―。『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ青春ラブコメの到達点、堂々開幕!!


〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

コメディ(ラブ)ラノベってほとんど読んだことなかったのかも。
読んだタイミングが悪かったのか好みの問題かわからないがイマイチはまらなかった。
でも普通に笑った。
まず初っ端から脳内キャパシティをオーバーしちゃうレベル。
ページをめくったら広がるカオスな世界。少し続きが読みたい気がしないでもないが、本題じゃなくてよかった。
本題は本題で結構なカオスだったけど





〜ネタバレ感想〜〜〜〜〜〜

色々と凄かった。

というか、この内容実際に思ったこととかを書いてるのかな?やっぱり。そうだとしたらなんか感想書くの怖いな。感想が的はずれなんだよとか言われそう。

作者ご本人が見ることはないだろうが

まぁコメディ(ラブ)作品だから的はずれとかはあまりないか。


最初の書き出し。これはカオスとしか表現できない。

よし。本題は大丈夫だと思ったら登場人物の個性の強さ。というか主人公と那由多の個性が強すぎる。那由多はもっとやれw


個人的に一番面白かったのは税理士のとこだな。大野アシュリー。良いな。こういう性格好きだわ。なんでも繋げようとする姿勢嫌いじゃない。


他にもいきなり沖縄行ったり北海道行ったりしだすハチャメチャさに、ウミガメスープやtrpg

なんて作品だ。


最後のオチは普通にわかるな。

だって………ね。

いやしかし逆の逆をとって、自分を女と思っている男だという可能性も…ないか。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村