tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

世界の終わりの世界録〈アンコール〉2


伝説の英勇エルラインが遺した、世界の終焉と再来とを記した至宝「世界録」。その在り処を世界中の国や旅団が探し求める世界緑大争奪時代―炎の将魔討伐を果たし、レンたち「再来の騎士」は一躍世界中にその名を轟かせた。周囲からの注目を浴びつつ、一行は世界録の手がかりを求め竜姫キリシェの故郷である秘境リ・インファリエルへ向かうことに。道中で「カナン巡礼聖教船」、新たな始原精霊との邂逅を経て、辿りついた秘境。待ち受けていたのは、キリシェの妹である竜帝カルラだった。「人間、あなたはキリシェ姉様にとっての害悪です」。竜の長との激戦の調べの中、偽英勇は、覚醒の咆哮を上げる―いま、最も王道を行くファンタジー、反響の第2弾!


〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

面白いね。新しい仲間誕生。戦うのは自分より格上の相手。その格上の相手に今の自分の実力を用いてどう立ち回るか。
主人公が段々と強くなっていくのは読んでて気持ちが沸き立つ。

前巻であったがやはり成長速度か…
どのくらい強くなるかが楽しみだ。



〜ネタバレ感想〜〜〜〜

炎の次は土か。良いね。こうしてどんどん増えていくのかな(ワクワク
才能!というだけではなくその性格ゆえってところも良いが他に何か理由がありそう。流石に数多い人間なんだからそのくらいの性格(すごいことだけど)は数人はいるだろうし。
精霊たちの力は主人公の性格さあってゆえだな。
主人公が言うように自分が使役してるんじゃなくて、力を貸してくれてるということなら、主人公もこのままじゃダメだろうから剣術とかをもっときたえないとな。

それとキリシェの妹、竜帝カルラとの戦い。一巻同様、またも格上の相手。格上の相手の力に屈さず、自分を貫き通す。今ある力での戦い方。すごく良いんだが、相手が一巻同様全快ではない時での勝利。それでも凄いんだが、やはりお互い全快で戦ってレンが勝利を収めるところがみたい。
次巻にも期待!


広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村