読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

この恋と、その未来。一年目 夏秋

ライトノベル S評価 ファミ通文庫

この恋と、その未来。 一年目 夏秋

未来へ決して明かすことはできない気持ち…それなら 

ーーーせめて、 
誰の物にもならないで欲しい 
そう思ってしまうのは、 
わがままだろかーーー 


夏休みを迎えた、四郎と未来は和田と三好の四人で島へ旅行に向かう。その先で未来に三好との仲を取り持つ煽られ、何とも言えない微妙な気分に陥る四郎。 
 
未来への好意を秘めたまま、二学期に突入した四郎は三好とともに文化祭委員を引き受けることに。姉とは違い、穏やかで優しい三好の心地良さを感じながらも、未だ未来への恋心をどうすることも出来ない四郎。 
 そんな中、文化祭で未来の心を奪う人物が現れ…
 
果たして、四郎の恋の行方は如何に…
 

〜感想〜〜〜〜〜

やはり面白い!

四郎の未来への想いでの葛藤。
そんな、四郎の想いには気付いてないのか、それとも気付いていないフリをしているのかは分からないが、四郎と三好との仲を煽る未来。恋心を抱いてる相手に、他の相手との仲を煽られることで何とも言えない気持ちになる四郎。四郎のことが好きな三好。
この関係がたまらなく良い。
そしてこの関係がついに変化し始める。
終盤に怒涛にきたな。

今巻も良かった。

〜ネタバレ感想〜〜〜〜〜

今回もやはり苦悩する四郎。
好意を持つ未来に三好との後押しをされ苛立つ。しかしその苛立ちを言葉にすることはできない。
未来が好きだ。でも、未来に告白を、未来と付き合うことは無理だと分かったいる。なら、せめて……未来と付き合うことができないなら、せめて未来は誰とも付き合って欲しくないという四郎の切実な願い。未来への気持ちは抑えよう、忘れよう。しかし未来への好意を持ったまま、物語は目まぐるしく展開していく。

四郎にもう少し冷静に考える時間を与えてほしいものだが…そんなに甘くないか。

文化祭にやってきた山城要のいう女性に心を奪われてしまう未来。
そして四郎の願いはとどかず、未来はその女性と付き合ってしまう。

もう未来のことは忘れるしかない。その拠り所に三好を利用するとは。三好は強い子だなぁ。あそこまで言われた上でその相手に笑顔を見せれるって……。
だからってその強さに頼ってばっかにならないようにして欲しいところ。

この時点では
未来と要
四郎と三好が付き合ってるが、これからどう展開していくか。
個人的に一番気になるのは未来で未来は四郎の気持ちに気付いているのか?っていうことだな。
気付いた上で、四郎からその想いを告げられないよう、執拗に三好を推したってことも考えれるし、早々に要と付き合い始めたのかもしれないしな。
未来と要が偽装カップルって可能性は流石に薄いか。

未来と四郎と三好全員が幸せになって欲しいと願うのは叶わぬ願いなのだろうか。
今後は未来の体のことを知ったら要さんはどうなるのか、四郎の気持ちは未来と三好どっちに向くのかが気になるところ。









広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村