tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

この恋と、その未来。 一年目 春

 

 この恋と、その未来。 一年目 春

 
森橋ビンゴ、イラストNardackのコンビで贈る、ためらいと切なさの青春ストーリー
 
恋は、心でするのだろうか?
それとも、体でするのだろうか?
 
    理不尽な三人の姉の下、不遇な家庭生活を過ごしてきた松永四郎。
    そんな姉達の下を離れるために、広島の新設された全寮制の高校へと入学を決めた四郎。
    あの不遇な家庭生活を離れた高揚感に浸る四郎だったが、そんな中寮のルームメイトとなる同じ東京から入学をしてきた、織田未来。
    彼、いや彼女は複雑な心を持つ・・・女性⁉︎
    織田未来は体は女、心は男という複雑な心を持つ少年だった。
そんな二人の共同生活。

 

〜感想〜〜〜〜〜〜〜〜

 
 
東雲侑子シリーズの森橋ビンゴ先生の作品。この恋と、その未来。
ジェンダー(社会的意味合いから見た、男女の性区別)問題を絡めての恋愛作品。
 
恋は、心でするのだろうか?それとも体でするのだろうか?
という言葉が凄く良い。
 
この作品の象徴する疑問というか、メインテーマがわかる。
女嫌いではないが姉たちのせいで女に苦手意識を持っている四郎。そんな四郎が男子寮で相部屋になったのは体は女だが、心は男の未来。
 
ある時は自分を普通ではないといい、何気ない悪意のない言葉でも苛立ったりする。
全ては四郎目線で話が進んでいき、その時の未来の心情は分からない。
だからこそ面白い。未来が最後、四郎に言ったあの言葉を未来はどのような気持ちで言ったのか。
とてもとても繊細な恋愛物語。
 
ライトノベルというのを読んでない人も是非読んで欲しい。 
 
一巻に登場する川通り餅のCM
これは確かに幼い頃見たらちょっと…w
 
 

 

 

 

 

〜ネタバレ感想〜〜〜〜〜

これまた自分の好みど直球の作品だ。
体は女、心は男の未来に惹かれていく四郎。
未来に恋、好意のようなものをもつ四郎だがここで一つの疑問が生じる。四郎は未来の体、容姿を好きになったのか?それとも未来のその心を好きになったのか?
もし未来が男の体を手に入れたら、この気持ちは変わるのか?
最終的には四郎と未来はどのような関係におちつくのか…。
展開が気になる。
 
今作品では四郎の今の恋は確実に報われないってことになるんだよな…
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村