tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

オーバーロード 8 二人の指導者


オーバーロード8 二人の指導者

オーバーロード8 二人の指導者



シリーズ初の、完全書下ろしを含むアナザーストーリー2本立て。“森の賢王”が去り、森の均衡が崩れたことで、新たな脅威が迫りつつあった…。―「エンリの激動かつ慌ただしい日々」。偉大なるナザリック大墳墓を支配する者の苦悩の日々が明らかに。―「ナザリックの一日」。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本編には関わるが7巻の続きとは少しそれる巻だってこと忘れてた。
カルネ村のンフィやエンリ、アインズから頂いた、小鬼将軍の角笛で召喚されたゴブリンたちのお話が一本と時期を並行としたナザリックの話が一本の8巻。
400p越えという厚さにも関わらず、厚いということにすら気が付かなくなってきたオーバーロード。読んでてもすごくすらすら読めるし、ナザリック外の話の描写がうますぎて、読んでて一瞬オーバーロードという作品だということを忘れてしまう。
ルプスレギナの行動が意味不明だったけど、そこは今度、アインズ側視点での話が描かれていて納得がいった。

男の階層守護者たちと風呂に入ろうとするアインズだけど、階層守護者たちはともかくアインズの裸………
なんともシュールだな


ナザリック側の出番ほとんどなし、ド派手なバトルなしだったけど、それでも退屈させられることなく、面白い内容で作者の底が知れないな。


広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村