読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

オーバーロード 7 大墳墓の侵入者

ライトノベル C評価 エンターブレイン

オーバーロード7 大墳墓の侵入者

オーバーロード7 大墳墓の侵入者


期待と欲望に目を輝かせた「ワーカー」の集団が未知なる遺跡―地下墳墓へ踏み込もうとしていた。その偉大なる地へと依頼を受け、挑む闖入者は、“脱落者”。胸に秘めた想いを持つ、冒険者の影の側面を求めた者たち。少数精鋭の“フォーサイト”、歴戦の戦士が揃う“ヘビーマッシャー”、伝説の老公“グリーンリーフ”、不敗剣士によるワンマンな“天武”。生贄を絡めとるがごとく、次々と姿を現す大墳墓の住人たちが棲む悪夢のようなナザリックから、彼らは生還することができるのか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いつかこんな回がくるとは思ってたけど、実際にやられると結構キツイな
1、2巻では完全な悪役、3巻では味方だが復活、4巻ではリザードマンだが少なからず希望のある終わり5、6巻でも完全な悪役。そして7巻。完全な悪役が倒されるのは見ていてスカッとするが、これはキツイ。そして描写の仕方が恐ろしくリアルで鳥肌がたってしまうほどの残酷なシーン。
アインズの言い分も最もだが、アイシャの健気さに感情移入したせいか辛い。
大事なのはやはり圧倒的な「力」だということか。
それにしても最後の書き方。これからこの家族に触れてくれるのだろうか。触れられないんだろうな。
読んでて心が痛む7巻だった

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村