読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkm's blog

ラノベ、漫画、小説の感想を書いたり、オススメをしたり、自己満足ブログ

六花の勇者 5

六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)

六花の勇者 5 (ダッシュエックス文庫)

黒の徒花の正体。
その特徴がフレミーと一致し困惑するアドレット。
とりあえずはフレミーを泳がすということで、ハンスとロロニアを納得させ、他のメンバーには秘密にさせる。
しかし、その会虚しく黒の徒花の特徴がフレミーとにていることが、ある人物によってバレてしまう。アドレットはフレミーを守るため、嘘をつくがそれもバレてしまい、そのせいでアドレットが「7人目」だと疑われてしまう。
フレミーを守ろうとした、アドレットだがフレミーにすら信じてもらえない。アドレットは守ろうとしているフレミーに攻撃されつつも、フレミーを守ろうとしていく。

そして遂に「7人目」の正体が……⁉︎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一巻と同じような状況に陥ってしまうアドレット。守ろうとするフレミーにすら殺されになる。

いや、ホントチョロインとか言ったやつだれだよ。チョロそうで全然チョロくないよフレミー。 ロロニアはちょっとチョロいというか、ヤンデレ要素ある。
というか今巻ヤンデレのロロニアでした。

目的の見えないドズーとナッシェタニア。この人たちがどのへんで裏切るのか分からず結構ドキドキ。

それにしても、チャモのハンスに対する信頼感の理由が全くわからない。読み込みが浅いのかな。チャモの中じゃハンス>モーラに変わってんのかな。

とうとう「7人目」の正体?のようなものが浮上してきてこれからどんな展開になるか楽しみ。


〜以下、ネタバレ〜








「7人目」について
今巻の最後でテグネウから明かされた7人目の正体。

まず自分が7人目で疑ってたのはハンス。
この作品の好きな男性キャラナンバー1だけど
理由としては、まぁ一巻のナッシェタニアが言ってた姫って知ってた知ってないみたいな、とこの伏線回収をしてない気がしたからだな。この理由としてはもしかしたら自分が読み飛ばしただけで一巻でちゃんと回収されてたのかもしれないけど。
もう一つは、ハンスの思考というか態度。ハンスの特徴として面白ければ何でも良い感じだから自分が楽しめるのなりば裏切りってそうだなって。
六花に選ばれる要素に確か魔神を倒す意志ってのが必要だし選ばれるにはちょっと足りないかなって思った。

今巻でテグネウから明かされたのはアドレットなわけだけど、
自分も2巻読んだでる時はアドレットは自分が7人目だってことを知らないでいるってオチかなとは、
考えてたけど2巻のラストにテグネウが7人目に凶魔を使って指示してたから7人目は自分のことを7人目だと理解してるからアドレットは7人目ってことを除外してたんだけどな。
そこのところどうなんだろう。

ってことで、読みこみの浅い自分ですけど考察終わりです。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村